ジュニアNISA

戻る

お子さまやお孫さまのミライに向けた資産形成を応援する制度です。

0歳から19歳の未成年でも、銀行や証券会社で非課税口座を開設して、ジュニアNISAを利用できます。

ジュニアNISAのイメージ

ジュニアNISAは、お子さまやお孫さまの教育資金等の準備を、生前贈与等を利用して家族でご活用いただける制度です。

ジュニアNISA のポイント

POINT1日本に住む0歳〜19歳の個人が1人1口座開設できる開く
POINT2ジュニアNISAを利用して投資した投資信託の普通分配金や譲渡益等が非課税になる開く
POINT31年間に80万円まで投資できる開く
POINT4最長5年間利用できる 途中売却はいつでも可能開く
POINT518歳まで払い出しに制限がある開く

制度概要

対象年齢

0〜19歳

年間の非課税投資枠

80万円

対象商品

上場株式、公募株式投資信託
配当金、分配金、譲渡益が非課税※1

投資可能期間

2016年4月1日〜2023年12月31日

非課税期間

投資した年から最長5年間

払出制限

18歳までは途中払い出しに制限※2

運用口座の管理

親権者等が代理

投資可能期間
満了時の取扱

口座開設者が20歳に到達するまでは、継続管理勘定※3に移管し、非課税保有を継続可能。
20歳以降は通常のNISA口座に自動移行。

ジュニアNISA口座の開設手続には、当行所定の書類等のご用意が必要です。

  • ※1当行では税法上の株式投資信託のみ取り扱っています。
  • ※2その年の3月31日において口座開設者本人が18歳である年の前年12月31日までは、ジュニアNISA口座からの払い出しに制限があります。払出制限解除前に、払い出しを行った場合、ジュニアNISA 口座が廃止され、災害等やむを得ない場合を除き、過去に非課税で支払われた配当等や過去に非課税とされた譲渡益については非課税の取扱がなかったものとみなされて、払出時に課税されますので、ご留意ください。
  • ※3継続管理勘定:2024年〜2028年までの各年に開設可能です。ただし払出制限があります。

出所:<DATA@>文部科学省「平成24年度 子どもの学習費調査」 日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤務者世帯)」(平成24年度) <DATAA>株式会社リクルートマーケティングパートナーズ「ゼクシィ 結婚トレンド調査2014(首都圏)」を基に三井住友銀行で算出

もっとみる

ジュニアNISA はやわかりガイド

ジュニアNISA はじめての方にもわかりやすくご案内

ジュニアNISA口座のお申込方法

口座開設の受付は、三井住友銀行の店頭窓口で承ります。

  • ジュニアNISA口座の開設申込時または事前に、お子さま名義の投資信託口座をご開設いただいていることが必要です。また、口座開設には親権者の同意が必要です。
  • ジュニアNISA口座の申込に際し、2016年1月よりマイナンバー(個人番号)のご提示が必要です。当行所定のジュニアNISA申請書類にマイナンバー(個人番号)をご記入いただきます。

ジュニアNISA
資料請求受付中!

くわしくはこちら

今後の法令・制度の変更等により、内容は変更となる可能性があります。

NISAのこともっとくわしくQ&A

資料請求・お申込

三井住友銀行の預金口座を
お持ちのお客さま

NISA口座開設申込書
資料請求

ご相談・お申込はこちらから

投資信託の
ご相談・お申込

【住民票取得代行サービス実施中】「住民票の写し」を無料で代行取得!

ご好評につき期間延長!

期間:2014年5月26日(月)〜2017年8月31日(木)
※NISA口座の開設には住民票が必要となります。

住民票取得代行サービス

お問い合わせ

三井住友銀行「NISAサポートダイヤル」

フリーダイヤル 0120-628-771
(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:毎日9:00〜17:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除く)

【インターネットでのお問い合わせ】

インターネット相談