つみたてNISA

戻る

「つみたてNISA」とは、2017年10月から受付開始、2018年1月より制度開始する新たな少額投資非課税制度です。

これまでのNISAと同様に毎年の非課税投資枠から得た分配金にかかる税金はゼロとなりますが、非課税投資枠が年間40万円で、投資期間が最長20年という点で異なります。
通常のNISA以上に少額から毎月コツコツ、長期での資産形成を目指す方に向いた制度と言えます。

メリットを確認!税軽減シミュレーションページへ

NISAとの違いは?

つみたてNISAの投資可能期間は20年、年間の非課税枠上限が40万円であることから、非課税枠の累計額は800万円と現行のNISAの非課税枠累計額600万円(年間非課税枠上限120万円×5年間)に比べて大きくなります。

  NISA つみたてNISA
年間の非課税投資枠 120万円まで 40万円まで
制度を利用して商品が買える期間 2023年まで 2037年まで
非課税での保有可能期間 5年間 20年間
投資対象商品 投資信託等 一定の条件を満たす投資信託等※2
投資方法 任意の金額・タイミングで購入可能
(定期・定額での購入も可能)
定期・定額での購入方法に限定
ロールオーバー※1 できます
(ロールオーバー時の時価で全額移管)
できません
利用可能年齢 20歳以上※3
開設できる口座数 同一年において1人につき1口座
資産の途中売却 いつでも可能
制度間の関係 NISAとつみたてNISAのいずれかを年単位で選択
(商品の相互移管はできません)
  • ※1非課税期間が終了した際には、NISA口座で保有している投資信託等を、翌年の非課税投資枠に移す(移管する)ことができます。この移管のことを「ロールオーバー」と呼んでいます。
  • ※2家計の安定的な資産形成の観点から、販売手数料不要、信託報酬が一定の料率以下であるなどの条件を満たす公募株式投資信託等に限定。
  • ※3NISA口座を開設する年の1月1日時点で20歳以上。

NISAは、年間120万円の非課税枠を、自分で選んだ投資信託等を自由に組み合わせて運用できます。
一方、つみたてNISAは、年間40万円を継続的に積み立てて、最大800万円の累計投資額を非課税で運用できます。

積立投資での資産形成に適した制度

つみたてNISA3つのポイント

POINT:1少額から積み立てて最大800万円を非課税で運用開く
POINT:2長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託等が対象 開く
POINT:3定期的かつ継続的な買付(積立)に限定開く

つみたてNISAは、対象商品が限られており、少額から月々一定額を継続的に積み立てていくことができるので、幅広い年代の方の安定的な資産形成に役立ちます。

つみたてNISA対象商品

三井住友銀行では、これまで資産運用を行ったことが無いお客さまでもご投資いただきやすい商品として、商品性や値動きが分かりやすいこと、分散投資をすることでリスクを抑えること等が重要と考え、以下の3ファンドを選んでご提供いたします。

「三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド」「三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド」は特定の株価指数に連動する運用成果を目指すとともに、マーケット全体に広く投資することで、株価指数の背景にある日本経済や海外経済の成長に見合うリターンを実現することが期待できます。

「ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド」は、株式だけではなく債券等の他資産にも分散投資しつつ、投資エリアもグローバルに分散することで、景気に左右されにくく、より安定的なリターンが期待できます。

つみたてNISA Q&A

Q1. 「NISA」と「つみたてNISA」の併用はできますか?開く
Q2. どのような人がNISA口座・つみたてNISA口座を開設できますか?開く
Q3. NISA口座・つみたてNISA口座の開設にはマイナンバーは必要ですか?開く
Q4. NISA口座・つみたてNISA口座で生じた損益について、確定申告は必要ですか?開く

今後の法令・制度の変更等により、内容は変更となる可能性があります。

上場株式やREIT・ETF等への投資をお考えのお客さま SMBC日興証券のNISAはこちら

NISAのこともっとくわしくQ&A

資料請求・お申込

資料請求はこちらから
(三井住友銀行の預金口座をお持ちのお客さま)

つみたてNISA口座開設申込書
資料請求

ご相談・お申込はこちらから

投資信託の
ご相談・お申込

お問い合わせ

三井住友銀行「NISAサポートダイヤル」

フリーダイヤル 0120-628-771
(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:毎日9:00〜17:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除く)

【インターネットでのお問い合わせ】

インターネット相談