このページの本文へ移動

ニュースリリース

【三井住友フィナンシャルグループ】三井住友フィナンシャルグループが、「東京2020ゴールドパートナー(銀行カテゴリー)」に決定 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を通じて、"次の日本"を力強く切り拓こう!(1/1)


平成27414

各  位

株式会社 三井住友フィナンシャルグループ

 

 

三井住友フィナンシャルグループが、「東京2020ゴールドパートナー(銀行カテゴリー)」に決定

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を通じて、次の日本を力強く切り拓こう!

 

 

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(取締役社長:宮田孝一、以下「SMFG」)は、2020年に東京で開催される第32回オリンピック競技大会(2020/東京)と東京2020パラリンピック競技大会、ならびに2016年から2020年に派遣されるオリンピックおよびパラリンピックの日本代表選手団への協賛に関し、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と「東京2020ゴールドパートナー(銀行カテゴリー)」の契約を締結しました。

 

「東京2020ゴールドパートナー」は、東京2020スポンサーシッププログラムにおける国内最上位のパートナーです。当社はこの権利の獲得により、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の安定的な運営及び日本代表選手団の選手強化に積極的に貢献してまいります。

 

SMFGは、「最高の信頼を通じて、日本をリードし、お客さまと共に成長する銀行グループ」を目指すことを、10年後を展望したビジョンとして掲げております。

「史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす」という目標を持つ東京2020は、この10年ビジョンを具現化するために、そして私たちとお客さまが高めあい成長しあうために、大きな意味と強い力を持つと捉えています。

 

日本の新しいアクション推進と次代へのレガシー創造のために、SMFGは、東京2020、スポーツ、アスリート、社会や人材への積極的なサポートを行います。そして、みなさまと共に、“次の日本”を力強く切り拓き、日本、そしてみなさまの成長に貢献していきたいと考えています。

 


 

 

 

【契約概要】

 

契約プログラム  東京2020 スポンサーシッププログラム

契約内容        ゴールドパートナー(銀行カテゴリー)

                東京2020スポンサーシッププログラムにおける最上位のパートナー。

呼称やマークなどを使用し、オリンピック・パラリンピックムーブメントの創出や、

                日本代表選手の支援、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に

積極的に貢献してまいります。

契約期間        2015414日〜20201231

対象            <大会>                       

・ 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)     

・ 東京2020パラリンピック競技大会

                <日本代表選手団>     

・ 第2回ユースオリンピック冬季競技大会(2016/リレハンメル)

                ・ 第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)

                ・ リオデジャネイロ2016パラリンピック競技大会

                ・ 第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)   

・ 平昌2018パラリンピック冬季競技大会

                ・ 第3回ユースオリンピック競技大会(2018/ブエノスアイレス)

・ 第3回ユースオリンピック冬季競技大会(2020/未定)

                ・ 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)     

・ 東京2020パラリンピック競技大会

領域            日本国内

以  上

 

 

 

 



ニュースリリーストップへ