Sakura News Release

bex.com社の概要
設立 1996年
社長 YongVoonFee
所在地 シンガポール
事業概要 1999年10月19日
従業員 当初20名程度
店舗等 本社のみ
業務 通信ネットワークと商取引関連サービスを世界的に展開する電子商取引専用ソフトウェアーの開発、運営
BtoBサービスプロバイダー、並びにサービスプロバイダーの運営
資本金 未公開
出資者 Yongファミリー(社長一族)、シンガポール政府投資会社、 Koosグループ(台湾中国信託G)、シンガポールテクノロジー、 インテル、DBS(シンガポール開発銀行)、ABN-AMRO(オランダ銀行)等

bex.com社のビジネスは、独自のeコマース・トランザクション・エンジンであるITC(InternetTradingCenter)を核とした、「世界規模でのeコミュニティの構築と運営」です。

bex.com社は、リージョナルeコミュニティ(ABEX:南北アメリカ、NBEX:日本、IBEX:東南アジア、UBEX:台湾・中国本土)をリンクし、世界規模での企業間eコマース・ネットワークを構築しています。bex.com社のeコミュニティでは、大小あらゆる規模の企業が、「オペレーションコストの削減」、「キャッシュフローの改善」、そして「収益チャネルの拡大」を実現する事が出来ます。

bex.com社には、ABNAMRO銀行(オランダ銀行)、中国信託商業銀行(台湾)、DBS(シンガポール)、そしてさくら銀行等の主要な銀行がパートナーシップを結んでいます。

bex.com社は、シンガポールと北京に研究開発センター、そしてアメリカのサンディエゴに中央研究所を備えています。



Copyright(C)2000 THE SAKURA BANK, LIMITED