三井住友銀行や銀行協会を名乗りキャッシュカードを騙し取るなどの犯罪にご注意ください

戻る

  • 盗難カード/盗難通帳
  • インターネット
  • 振り込め詐欺
  • その他

次のような手口の犯罪が発生しています。

  • 三井住友銀行や銀行協会の職員、警察官などを名乗り、「キャッシュカードが偽造されている」「キャッシュカードの情報が漏洩している」などとお客さまの不安を煽って、言葉巧みに暗証番号などを聞き出したりキャッシュカードを騙し取ったりするケースが発生しています。
  • その手口は、最初に三井住友銀行の職員や警察官などを名乗る電話があり、「至急対応する必要があるので銀行協会の指示に従って欲しい」などと説明、その後、銀行協会の職員を名乗る電話があった上で、自宅に銀行協会の職員などを名乗る者が来訪してキャッシュカードを持ち去るといったものです。
  • また、「三井住友銀行顧客管理センター」等を称する郵便物を送りつけ、お届け印の押捺や暗証番号の記入をした上、同封された返信用封筒で送り返すよう求めるケースも発生しています。
  • さらに、宅配業者等を名乗り、キャッシュカード等、三井住友銀行からの届け物があると称して、実家宛に、子供の連絡先等を聞き出そうとする不審な電話がかかってくるケースが発生しています。

被害に遭わないためには

  • 三井住友銀行の職員が電話や店舗外で暗証番号をお尋ねしたり、銀行協会の職員や警察官が同様に暗証をお尋ねすることはありません。また、三井住友銀行からこのような郵便物をお送りしている事実はありません。したがって、ご自身のキャッシュカードやインターネットバンキング(SMBCダイレクト)の暗証番号について、こうした外部からの照会があった場合には、回答したり、書面を返送したりすることのないよう十分ご注意ください。
  • また、銀行協会の職員がお客さまからキャッシュカードをお預かりしたり、三井住友銀行の職員が、店舗外でお客さまからキャッシュカードをお預かりすることはありません。万一、これらを名乗る者から、キャッシュカードを預かりたいと申出がありましても、これに応じてキャッシュカードを渡すことのないよう十分ご注意ください。なお、こうした不審な事態がありましたら、お取引店(電話番号は通帳の見返しに印字されています)にご連絡いただきますようお願いいたします。
  • さらに、三井住友銀行がキャッシュカード等の配送を委託している業者が、お客さまご自身やそのご実家等に連絡をし、お子さま等の連絡先をお尋ねするようなことはございません。万一、このような内容の電話がございましても、暗証番号等の重要な個人情報を教えないよう、十分ご注意ください。