「年金情報流出」を口実にした振り込め詐欺や個人情報の詐取にご注意ください

戻る

  • 盗難カード/盗難通帳
  • インターネット
  • 振り込め詐欺
  • その他
  • 日本年金機構において、2015年5月28日に判明した年金情報(最大で「基礎年金番号」「氏名」「生年月日」「住所」の情報)流出事案に関して、同機構より、次のようなことはないとして、注意喚起しております。
    1. 1お客さまに電話すること
    2. 2お客さまにお金を要求すること
    3. 3お客さまにATMの操作をお願いすること
    4. 4お客さまの個人情報(家族構成など)を確認すること
    5. 上記のほか、不正に個人情報を取得した者が以下のような不正行為を試みることが想定されます。
    6. 5お客さまの通帳・印章やキャッシュカードをお預かりすること
    7. 6キャッシュカードの暗証番号やインターネットバンキングのパスワードを聞き出すこと

また、日本年金機構や年金事務所以外にも、三井住友銀行(或いは三井住友フィナンシャルグループ)の職員または関係者、全国銀行協会職員、警察官等を装った①〜⑥の手口による詐欺や個人情報の詐取も想定されますので、あわせてご注意ください。
不審な電話等があった場合は、最寄りの警察やお取引店にご相談ください。

なお、本件に関する最新の情報は日本年金機構ホームページにおいてご確認ください。