キャッシュカード・印鑑・通帳の偽造・盗難による犯罪にご注意ください

戻る

  • 盗難カード/盗難通帳
  • インターネット
  • 振り込め詐欺
  • その他

このような犯罪が発生しています

  • 空き巣やすり、車上荒らし等により、キャッシュカード、運転免許証、保険証等が入った財布を盗られ、気付いた時点では既に預金が引き出されている事件が発生しています。暗証番号は生年月日の組み合せで、運転免許証や保険証等から推測されたものと思われます。
  • ゴルフ場の貴重品ボックスからキャッシュカードを盗み取られ、カードの磁気データをコピーされ、預金が引き出された事件が発生しています。ゴルフ場の貴重品ボックスで使用した暗証番号とキャッシュカードの暗証番号は同一でした。
  • 自宅に入った空き巣によって盗られた通帳により、不正に預金を引き出される事件が発生しています。一緒に保管していた印鑑は盗られていません。犯人が使用した印鑑は、印鑑そのもの、もしくは、通帳裏表紙の副印鑑の印影から偽造したものでした。
  • 深夜、飲食店等で泥酔している間に、財布の中から一時的にキャッシュカードを抜き取られ、預金が引き出された事件が発生しています。暗証番号は、生年月日の組み合せで、運転免許証から推測されたと思われるケースと、当該飲食店に行く前にATMで出金した際に同伴者に覗き見されたと思われるケースがあります。
  • ATMコーナーで出金した際に暗証番号を覗き見され、ATMコーナーを出た後、スリや引ったくりに遭い、キャッシュカードを盗まれ、預金が引き出された事件が発生しています。

被害に遭わないためには

キャッシュカードや通帳、印鑑は厳重に管理してください

  • キャッシュカードについては、手許から離さず、厳重に管理してください(当行のキャッシュカード規定上、お客さまにも、カードの厳正な管理をお願いしておりますので、他人に貸与するといったことのないよう、厳正に管理願います)。
  • 通帳と印鑑およびご本人であることを示す各種資料(運転免許証・パスポート)などは、それぞれ別々に厳重に保管してください。
  • 万が一、キャッシュカード、通帳、印鑑のいずれか一つでも紛失した時は、ただちにお取引店またはATMセンターへご連絡ください。無人のATMコーナーでも、インターフォンによりご連絡いただくことが可能です。
  • 例えば、通帳のみが盗難にあった場合でも、印影から印鑑が偽造されて、不正出金の被害に遭うおそれもありますので、ただちにお取引店またはATMセンターへご連絡ください。

くわしくは、「キャッシュカード、通帳、印鑑のいずれかを紛失した時は?」をご確認ください。

暗証番号の管理にご留意ください

  • キャッシュカードの暗証番号や、インターネットバンキング(SMBCダイレクト)のログインパスワード(第一暗証)・乱数表(暗証カード)等は、以下の点にご注意のうえ、お客さまご自身で厳重な管理を行ってください(当行のキャッシュカード規定上、お客さまにも、カードの厳正な管理をお願いしております)。
    1. 1.第三者に推測されやすい番号を使わないでください(キャッシュカード暗証番号・SMBCダイレクトの第一暗証は生年月日・車のナンバー・電話番号・住所地番など、第三者に推測されやすい番号は避けてください。
    2. 2.長期間、同じ暗証を使わないでください。
    3. 3.第三者に教えない、カード等を放置しないでください。
    4. 4.当行を装って、インターネット上で暗証番号を入力させるといったフィッシング詐欺にご注意ください。
    5. 5.当行の従業員や警備員を装う者に、暗証番号を教えないでください。(ATMコーナーや電話で、当行の従業員や警備員が暗証番号をお聞きすることはありません。)
    6. 6.ATMコーナー利用時の暗証番号の覗き見にご注意ください。
  • ゴルフ場やサウナ等において、貴重品ボックス等をご利用の際に、キャッシュカードの暗証番号を使用することはお避けください。
  • キャッシュカードに暗証番号をメモすることはもちろん、暗証番号を書いたメモを持ち歩かないでください。
  • 他行のキャッシュカードや他社のクレジットカードについて、不正使用の事実が判明した場合には、当行のキャッシュカードについても、被害の有無をご確認下さい。仮に、被害が発生していない場合でも、後日、被害が発生する可能性もありますので、暗証番号の変更をお勧めします。
  • 他行のキャッシュカード、他社のクレジットカードも含め、暗証番号はカード毎に別々にしていただければより安全です。又、その他4桁の暗証番号を利用する取引で、もし、同じ番号をご利用の場合は、それらの管理や利用の際にも本ページ記載の各点に十分にご注意ください。

くわしくは、「暗証番号の管理について」をご確認ください。

長く使用していないキャッシュカードや通帳がないかお確かめください

  • 古い通帳にお届けの印影(副印鑑)が貼付されている場合、ただちに副印鑑をはがすことをおすすめします。
    • 当行では平成13年4月以降発行した通帳については副印鑑を貼付しておりません。
  • 過去に発行したキャッシュカードの一部には、カード上の磁気情報に暗証番号が含まれていたものがあります。弊行の場合、以下のATMで出金されますと抹消されますので、ご利用ください。
    • 弊行本支店および店舗外ATM:キャッシュカードで出金(通帳を併用しない場合のみ)

【本人確認にご協力ください】

  • 窓口での預金のお引き出しの際に、通帳・印鑑に加えて、別途追加的な方法でご本人の確認をさせていただくことがございます。ご理解とご協力をお願い申し上げます。
    • 通帳・印鑑に加えた追加的な本人確認方法の例
      • 運転免許証、パスポート等の本人確認資料の呈示
      • キャッシュカードの暗証番号をお客さまが直接機械へ入力
  • 夜間のATM出金時などに、預金の不正な払出を防止するため、あらためてご本人の確認をさせていただくことがございます。ご理解とご協力をお願い申し上げます。

ご活用ください

当行でのキャッシュカード取引におけるセキュリティサービスです。是非、ご活用ください。

ICキャッシュカードの生体認証でのお取引について

  • 当行のICキャッシュカードは、生体認証情報(手指の静脈パターン)で、ご本人を確認する「指静脈認証」を用い、高いセキュリティを確保した「生体認証でのお取引」が可能です(※)。
    • 生体認証でのお取引のご利用には、別途窓口でのお申込が必要となります。

くわしくは、「ICキャッシュカード」をご確認ください。

キャッシュカードご利用限度額変更サービス

  • キャッシュカードのみをご利用になる場合の1日のご利用限度額(出金・振込・振替)を、ATMなどで、必要最低限の金額まで引下げることができます。
    • 再引き上げについては、支店窓口及びSMBCダイレクトのみの取扱となります。

くわしくは、「キャッシュカードご利用限度額変更サービス 取扱開始のお知らせ」をご確認ください。

キャッシュカードの暗証番号変更

  • 暗証番号の変更は以下のATMで行うことができます。
    • 当行本支店および店舗外ATM
  • なお、SMBCダイレクトの第一暗証の変更は、別途手続きが必要です。

くわしくは、「ATMサービス・ご利用手数料」をご確認ください。

ATMオートロックサービス

  • 普段はキャッシュカードでのお取引を口座毎にロックし、必要なときに必要な回数だけSMBCダイレクトで解除することで、出金ができるサービスです。出金後は、自動的にロックされます。
    • 本サービスをご利用いただくためには、SMBCダイレクトのご契約が必要です。

くわしくは、「ATMオートロックサービス」をご確認ください。

キャッシュカード出金のお知らせ

  • ATMでキャッシュカードを使った現金出金・振込等の取引が発生したときに、あらかじめお届けいただいたパソコン・携帯電話のメールアドレスに対して、出金金額等を通知するものです。
    • 本サービスをご利用いただくためには、SMBCダイレクトおよび電子メールお知らせサービスのご契約が必要です。

くわしくは、「電子メールお知らせサービス」をご確認ください。