ATMコーナー・店舗内での犯罪にご注意ください

戻る

  • 盗難カード/盗難通帳
  • インターネット
  • 振り込め詐欺
  • その他

このような犯罪が発生しています

  • 現金を引き出したあとに、尾行や待ち伏せをされて、現金を盗られる事件が発生しています。
  • 窓口で現金を引き出した直後、ロビーで何者かに「洋服が汚れている」、「お金が落ちている」などと話かけられ、気を取られた隙に現金を盗られる事件が発生しています。
  • ATMを操作する際に、斜め後方から暗証番号を覗き見られたうえ、尾行をされてキャッシュカードを盗られ、現金を不正に引き出された事件が発生しています。
  • ATMコーナー入口に「防犯のため、この機械にキャッシュカードを通してください」といった内容の貼り紙とともに、カード情報の読取機が設置された事件が発生しています。

被害に遭わないためには

ATMコーナーやロビーおよび出入口付近の不審人物にご注意ください

  • 当行のATMは覗き見ができないような偏光フィルターや、操作時点で後方に不審人物がいないかを確認できるミラーを設置しております。
  • ATMコーナーご利用時、暗証番号をご入力の際は、後方や斜め後ろなどから、覗き見されることのないよう、ATM画面をご自身の身体やお荷物で遮るなどして、ご注意ください。

操作が終わるまでATMを離れないでください

  • 現金やキャッシュカードをお取りになる前にATMを離れますと、その隙に、現金やカードが盗難にあう可能性があります。

不審な「カード読取機」にご注意ください

  • 当行では24時間稼動のATMコーナーの出入口脇以外は、カード情報読取機を設置していませんので、不審な機械にはキャッシュカードを通さないようにご注意ください。
  • また、当行の24時間稼動のATMコーナーの出入口脇に設置しておりますカード情報読取機についてはカードを通していただくのみで、暗証番号の入力等は必要ございません。
  • 万一、不審な機械や貼り紙を発見された場合は、備え付けの電話等にてご連絡をいただきますようお願い申し上げます。

その他

  • 当行の従業員や警備員を装う者に、暗証番号を教えないで下さい(ATMコーナーや電話で、当行の従業員や警備員が暗証番号をお聞きすることはありません)。