スパイウェアにご注意ください

戻る

  • 盗難カード/盗難通帳
  • インターネット
  • 振り込め詐欺
  • その他

このような犯罪が発生しています

  • 最近、スパイウェア(※1)等を使って、お客さまのパソコンからパスワード等を不正に取得し、振込出金するという悪質な事件が発生しております。
  • 銀行の名を騙って郵送されたCD-ROMを、お客さまがインストールした結果、スパイウェア(※1)に感染し、被害を受けたとの報道もありました。

被害に遭わないためには

  • こうしたスパイウェアの侵入を防ぐためにも、みだりにフリーソフトをダウンロードしたり、心当たりのない発信元からのメールを不用意に開いたり、不審なWebサイトへアクセスしたりしないよう、ご注意ください。
  • OSやブラウザには、適宜、最新の修正プログラムを適用してください。
  • スパイウェア対応のアンチウィルスソフトをご利用いただくこともお勧めいたします。
  • 図書館やインターネットカフェ等の不特定多数の人が触れる機会のある場所に設置されているパソコンを使ってのお取引は、差し控えて頂くことをお勧めいたします。
  • 弊行では「パソコンバンクナビWeb」ならびに「SMBCダイレクト」を除く、一部のサービスでCD-ROMをお届けすることがありますが、不審な点がある場合には、お手数ですがお取引店までお知らせください。

なお、弊行のインターネットバンキング(個人・法人のお客様向け)では、他の口座へ振り込む場合、パスワードカードや電子証明書(※2)を必要とするなど、悪質な第三者が振込出金を容易に行うことができないような工夫もしております。
万一、不審な取引等をご確認された場合は、各サービスのサポートセンター(※3)またはお取引店にご連絡を頂くと共に最寄の警察署にもご相談頂くようお願い致します。

  • (※1)電子メールなどの形でパソコンに侵入、パスワードなどの個人情報を調査し、その結果を第三者に転送してしまうプログラムのことです。ウィルスのように感染力、自己増殖力はないため、基本的に他人に迷惑をかけることはありません。
  • (※2)弊行の法人向けインターネットバンキングサービス「パソコンバンクWeb21」や法人向けインターネット版外国為替サービス「Global e-Tradeサービス」をお申込の際に「電子認証」または「ICカード認証」をご選択いただいたお客さまがご利用いただける、弊行が発行するインターネット上の本人確認のための電子的な証明書です。
    いずれの方式も公開鍵暗号方式を採用しており、特定の端末やICカード以外からのログインを抑制しています。
    お客さまは、「電子証明書」を利用する際に必要な「秘密鍵」をインターネットとは分離して管理いただき、「秘密鍵」と対になっている「公開鍵」と、その公開鍵の所有者を証明する「電子証明書」を弊行にご呈示いただきます。弊行は「電子証明書」の有効性を確認した上で、ご本人の確認をすることになります。
  • (※3)
  • 【個人のお客さま】

    フリーダイヤル 0120-56-3143
    (通話料無料)

    携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
    受付時間:平日・土・日・祝日 9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます)

    お電話のかけ間違いが増えております。番号をよくお確かめの上、お間違えのないようご注意願います。

    [海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料)
     東京:03-5745-5051 大阪:06-6258-0012

    【法人のお客さま】

    三井住友銀行のソリューションセンター

    フリーダイヤル 0120-286-202
    (通話料無料)

    携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
    受付時間:平日9:00〜19:00(銀行休業日を除きます)

    お電話のかけ間違いが増えております。番号をよくお確かめの上、お間違えのないようご注意願います。