こんな時、どうする?

戻る

何かおかしいな、と感じる電話や、あやしい人からの声がけ。
これはもしかして、犯罪者からの接触かもしれません。万一、あなたが狙われてしまったら、どう対応すればいいのでしょうか?
一緒に考えていきましょう。

「携帯の番号が変わった」という電話の数日後、「友人の借金の保証人になったのですぐ現金を振り込んで」と連絡が。

「今すぐ振り込んで」という親族を名乗る者からの
電話にはご注意ください。

親族を名乗り、事前に「携帯の番号が変わったから、今度はこの番号にかけて」「風邪を引いて声が変だ」というような電話があったあとに、「今すぐ振り込んで」というような電話があった場合は詐欺の可能性があります。振り込む前に、別の親族にもう一度確認したり、警察に相談してください。

銀行協会を名乗る人が自宅に。調査のためにキャッシュカードを渡すように言われた。

店舗外でキャッシュカードを渡すように言われたら、
詐欺だと考えてください。

銀行員や銀行協会の職員が、店舗外でカードを預かることはありません。カードを渡さず、必ずその場でお取引店にご確認ください。また、最寄りの警察署に直ちに通報してください。

あなたの銀行口座が犯罪に使われています、と警察から電話が!どうしよう?

犯罪に巻き込まれたなどの大切な話を、
警察官が電話でいきなり説明することはありません。

警察官の他に、各種の官公庁やセンターなどの職員を名乗るケースもあります、また、細かに事情を聞くなど電話を長引かせようとすることもあります。一旦電話を切り、警察に電話をして確かめても遅くはありません。また、口座に関することは銀行にご照会ください。

銀行から、カード切り替え手続きの用紙が郵送されてきた。暗証を書いて捺印して返送しないと カードが使えなくなる!?

三井住友銀行から、
このような郵便物をお送りしている事実はありません。

ご自身のキャッシュカードやインターネットバンキング(SMBCダイレクト)の暗証番号について、こうした外部からの照会があった場合には、回答したり、書面を返送したりすることのないよう十分ご注意ください。

身に覚えのない請求メール。振り込まないと、会社に請求が?

架空請求詐欺にご注意ください。

アダルトサイトや出会い系サイトの契約料、違約金と称して振込を求める架空請求詐欺に気をつけましょう。身に覚えがなければ、無視するのが基本です。また、警察に相談しましょう。

万一、振り込め詐欺に遭ってしまったら

「お金が必要だなんて電話、してないよ」「それじゃあ、あの電話は振り込め詐欺!?」どうしよう!

警察と振込先の金融機関に相談して下さい。

まずは、最寄の警察署に被害届を出してください。また、振込先の金融機関に対し、受取口座の凍結要請を行うよう、警察に依頼して下さい。併せて、振込先の金融機関にも連絡し、被害資金の返還についてご相談下さい。