なりすまし詐欺・カード盗難

戻る

なりすまし詐欺の手口

三井住友銀行や銀行協会の職員、警察官などを名乗り、「キャッシュカードが偽造されている」「キャッシュカードの情報が漏洩している」などとお客さまの不安を煽って、言葉巧みに暗証番号などを聞き出したりキャッシュカードを騙し取ったりする事件が発生しています。

その他にも、以下のケースが発生しています。

  • 「三井住友銀行顧客管理センター」等を称する郵便物を送りつけ、お届け印の押印や暗証番号の記入をした上、同封された返信用封筒で送り返すよう求める。
  • 宅配業者等を名乗り、キャッシュカード等、三井住友銀行からの届け物があると称して、実家宛に、子供の連絡先を聞き出そうと不審な電話がかかってくる。

カード盗難の手口

鞄や財布と一緒にキャッシュカードを盗まれた場合、気づいた時にはすでに預金が引き出されていた、という盗難後わずかな時間で預金を引き出されてしまう事件が発生しています。
犯人はキャッシュカードと一緒に盗んだ、保険証や免許証などから暗証番号を推測し、預金を引き出します。そのため、短時間のうちに不正出金の被害を受けてしまうことになるのです。