フィッシングメールによる不正送金

戻る

フィッシングメールによる不正送金の手口

フィッシング詐欺とは、偽サイトへの誘導などでインターネットバンキングのIDやパスワード、口座番号や暗証番号などの個人情報を詐取し、金銭を騙し取る手口のことです。
相手に本人(本物の銀行)だと信じ込ませて不正にIDやパスワードを盗み取ることから、「インターネット版の振り込め詐欺」と言われることもあります。

フィッシング詐欺には大きく3つの手口があります

①偽メール誘導:銀行を装ったメール経由で偽サイトへ誘導する
②偽サイト誘導:検索サイト上から偽サイトへ誘導する
③ウイルス感染型:銀行を装ったメールに添付されたファイルからウイルス感染して、暗証番号入力画面を表示させて情報を詐取する

偽メールにご注意ください

三井住友銀行を名乗りインターネットバンキングの暗証番号等を盗み取ろうとするメールにご注意ください。

三井住友銀行を装い、SMBCダイレクトの暗証番号などお客さまの情報を盗み取ろうとしているとみられる不審な電子メールが、当行とのお取引の有無に関わらず不特定多数の皆さまに、断続的に発信されています。

暗証番号を入力しない

当行から、暗証カード上のすべての数字を入力いただくようご依頼することは、絶対にありません。パスワード更新を促す不審なメッセージが届いても、絶対に暗証番号を入力しないでください。
また、銀行員、銀行協会員、警察等であっても、店舗外や電話等で暗証番号をおたずねすることは絶対にありません。

万一、リンク先の不正サイト等にパスワード等を入力した場合は、速やかに第一暗証を変更してください。

URLにアクセスしない

当行のホームページを模倣したサイトのURLなどが記載された不審な電子メールが届いた場合は、絶対にアクセスしないでください。このような不正サイトにアクセスするとコンピュータウィルスに感染する恐れがあります。
不審なメールが届いた場合は安易にリンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりせず削除してください。

不審なメールの添付ファイルを開いてしまったり、不正サイトを開いてしまったりした場合は、ウィルス対策ソフトやスパイウェア対策ソフトにより、ウィルスチェックを行っていただくよう、強くおすすめいたします。

不審な電子メールの例開く