ウイルス感染による不正送金

戻る

ウイルス感染による不正送金の手口

ウイルスに感染すると、ワンタイムパスワードの入力を促す不正な画面が表示され、ワンタイムパスワードを入力してしまうと、不正な送金がされることが確認されています。

不正な画面例①

当行が提供していない他社製品の不正送金対策ソフトのご利用を案内する例

不正な画面例②

セキュリティ強化等を理由に振込等の取引実行時以外にワンタイムパスワードの入力を求める例

このような不正な画面が表示される場合、お客さまのパソコンがウィルスに感染している恐れがあります。
当行のシステムにて、お客様がご利用のパソコンにウィルス感染の兆候を検知すると、画面にエラーメッセージが表示される場合があります。

万一、このような不正な画面にお心当たりがある場合は、下記電話番号からただちにSMBCダイレクトの利用停止等のお手続をお願いいたします。

利用停止登録・お問い合わせ先

フリーダイヤル 0120-56-3143
(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
毎日 9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日を除く)

[海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料)
 東京:03-5745-5051 大阪:06-6258-0012

ウイルス感染による不正送金の対策

SMBCダイレクトをご利用の際は、ウイルス感染の対策として不正送金対策用ソフト「PhishWallプレミアム」をご利用ください。

くわしくはこちら

最近、当行が提供していない他社製品の不正送金対策ソフトのご利用を案内する不正な画面を表示し、ワンタイムパスワードを入力させようとする事象が確認されています。

当行で提供する「PhishWall(フィッシュウォール)プレミアム」のご利用に際して、ワンタイムパスワードの入力を求めることはありません。