なりすまし詐欺・カード盗難への対策

戻る

なりすまし詐欺・カード盗難とは

銀行員や警察官などを装い、暗証番号を聞き出したりキャッシュカードをだまし取る手口です。

なりすまし詐欺・カード盗難についてくわしくはこちら

なりすまし詐欺・カード盗難への対策

ポイント1知らない人にはキャッシュカードは渡さない!

銀行協会の職員がお客さまからキャッシュカードをお預かりしたり、三井住友銀行の職員が、店舗外でお客さまからキャッシュカードをお預かりすることはありません。 万一、店舗外でキャッシュカードを預かりたいと言われても、絶対に応じてはいけません。
また、三井住友銀行や銀行協会から、暗証番号やキャッシュカードを送るようご依頼する郵便物をお送りすることもありません。

ポイント2生年月日や電話番号等、推測されやすい暗証番号には設定しない。

お店やネットで会員登録する際に、生年月日を記入したり身分証明書の提示を求められるケースは少なくありません。キャッシュカードに絡んだ犯罪被害に遭ってしまった人の多くが、暗証番号を生年月日や電話番号など、他の人が推測できる情報にしていました。

キャッシュカードを偽造されても、暗証番号がわからなければ犯人はお金を引き出すことができません。
暗証番号は推測されにくい番号にしましょう。