メール受信用ソフト毎の確認手順 Outlookの場合

戻る

Outlookの場合

対応するバージョン:2000以降

  1. 1.電子署名付きメールを受信すると、メールのタイトルの横に鍵マークが付いています。
    鍵マークをクリックすると「デジタル署名:有効」ウィンドウが開くので、“詳細”ボタンをクリックします。
    「メッセージ セキュリティのプロパティ」ウィンドウで、“内容”欄のメールアドレスが「smbc.co.jp」(※)で終わっていることを確認します。
    • 差出人欄のメールアドレスは詐称することができますので、正当なメールかどうかの確認はおこなえません。必ず電子証明書内に記載されたメールアドレス(大文字・小文字の区別はありません)で確認を行ってください。
  2. 2.次に、“詳細の表示”ボタンをクリックします。
    「署名」ウィンドウが開くので、“証明書の表示”ボタンをクリックします。
  3. 「証明書の表示」ボタンをクリックします。

    「証明書の表示」ウィンドウで、“詳細”タブをクリックし、続いて、“発行者”をクリックして表示される画面に、「CN=VeriSign Class 3 Organization CAまたはSymantec Class 3 Organizational CA-G2」(※)が表示されていることを確認します。

    「CN=VeriSign Class 3 Organization CAまたはSymantec Class 3 Organizational CA-G2」が表示されていることを確認

    • 「VeriSign Class 1 CA …」の場合は、メールアドレスさえあれば個人でも簡単に付与できる電子署名となりますので信用できません。
      三井住友銀行の電子署名の発行元は必ず「VeriSign Class 3 Organizational CAまたはSymantec Class 3 Organizational CA-G2」となっていますのでご注意ください。

灰色の画面が出たとき、または「署名者」の下に赤線が出たときは?

1. 電子署名付きメールを受信したときに、メールを開く前に灰色の画面が出た場合、またはメールを開くことができても署名者の下に赤線が引かれている場合は、送信元メールアドレスが偽られている、あるいはメッセージが改ざんされているなどの問題があります。
このような表示が出た場合、メールの内容は信頼できません。

灰色のエラー画面 赤線の出るエラー画面