三井住友銀行アプリのバックアップ方法について

戻る

ここではAndroidとiOSのデータバックアップ方法について説明致します。

Androidにおけるアプリデータのバックアップ
(※SDカードが必要です)

バックアップの保存

  1. 1.SDカードを端末に挿入します。
  2. 2.ログイン画面から「メニュー」をタップします。
  3. 3.「アプリデータを保存/読込」をタップします。
  4. 4.「アプリをSDカードへ保存」をタップします。
  5. 5.「データの保存を行いますが、よろしいですか?」のメッセージにはいをタップします。

バックアップの復元

  1. 1.バックアップ済みのSDカードを端末に挿入します。
  2. 2.端末にインストールされているアプリを起動しログイン画面から「メニュー」をタップします。
  3. 3.「アプリデータを保存/読込」をタップします。
  4. 4.「アプリをSDカードから読込」をタップします。
  5. 5.「データの読込を行いますが、よろしいですか?」のメッセージが現れたらはいをタップします。
  • SDカードにバックアップされているアプリにてアプリ起動パスワードが設定されている場合、アプリ起動パスワードの入力が必要になります。

iOSにおけるアプリデータのバックアップ
(※WindowsXP SP2またはMac OS X Ver10.4.11以降のPCが必要です)

iOSではSDカードスロットがないため、データのバックアップの方法がAndroidと異なります。iOSではiTunesの機能を使い、端末全体のバックアップを行います。

バックアップの保存

  1. 1.アップル公式サイトからiTunesをダウンロードし、インストールを行います。

    (※インストール方法については右記サイトをご参考下さいhttp://www.apple.com/jp/itunes/download/)

  2. 2.iPhoneを端末付属のUSBケーブルを用いてパソコンと繋ぎます。
  3. 3.iTunesが開いたら「自動的にバックアップ」項目で「このコンピューター」にチェックが付いていることを確認します。
  4. 4.(初回時のみ)「ローカルのバックアップを暗号化」をクリックします。
  5. 5.(初回時のみ)「パスワード」と「パスワードの確認」に暗号化用バックアップパスワードを入れて頂き「パスワードを設定」を押すと、バックアップが始まります。
  6. 6.2回目以降は「今すぐバックアップ」をクリックしてバックアップを行なって下さい。

バックアップの復元

  1. 1.iPhoneを端末付属のUSBケーブルを用いてパソコンと繋ぎます。
  2. 2.iTunesが開いたら「バックアップを復元」をクリックします。
  3. 3.該当するiPhone(iPod)の名前を選択し、復元をクリックします。
  4. 4.「バックアップの保存」手順5番目で設定して頂いた暗号化用バックアップパスワードを入力して「OK」をクリックします。

以上でiPhoneアプリのバックアップの保存と復元が完了です。