外国為替業務に関する取引方針

戻る

1.法令および市場慣行の遵守

当行はお客さまへの外国為替取引のご提供にあたっては、国内外で適用される法令、当該取引において遵守すべき市場規範および適切な慣行を遵守します。 

2.当行の取引形態(プリンシパル)

当行は、お客さまからの外国為替取引のお申込を受け付けた場合、原則としてプリンシパルの立場で取引レートの提示を行います。プリンシパルとは、取引当事者として自らが取引の相手方となる市場参加者を指します。従いまして、お客さまとの取引にあたり当行が提示し、お客さまとの合意に基づき適用する取引レートは、当該取引に限り適用されるレートです。

当行はお客さまとの取引により為替の持ち高(ポジション)を保有することになるため、当該ポジションにかかる価格変動リスク等をコントロールすることを目的に、同時または事後に、外国為替市場においてカバー取引によるヘッジを行う場合があります。

また、お客さまからの取引ニーズに機動的にお応えすることや当行自身のリスク管理を目的に、適切と判断する手法により、お客さまとの取引の前にカバー取引を行う場合があります(プリヘッジ)。このようなカバー取引は、通貨や取引の種類によってはお客さまとの取引から生じるリスクを個々の取引毎に完全にヘッジする場合があります。なお、これらのリスク管理のための取引は、当行の裁量により、当行において適切と判断する役職員に対し適切な権限を付与して行っています。

通常、当行がお客さまとの取引に適用する取引レートと同一のレート・金額(数量)で外国為替市場において取引を執行できる保証はないため、お客さまとの取引レートと当行がリスク管理を目的に行う外国為替市場における取引レートは必ずしも一致するものではありません。

当行が外国為替市場で執行する取引には、お客さまとの取引によって当行が負うことになる為替変動リスク管理を主たる目的に行う取引の他に、当行所定のリスク管理方針の下、外国為替トレーディング業務に従事する役職員が付与された権限の範囲内で行う自己トレーディングを目的とする取引が含まれます。

3. 情報提供

当行はお客さまへの情報提供の一環として、外国為替相場に関する相場見通し等のレポートをご提供する場合があります。当該レポートは、当行が信頼に足ると判断した情報に基づき作成していますが、その情報の正確性や完全性を保証するものではなく、また、掲載された見通し等は、作成時点の見解を示すのみであり、予告なく変更されることがあります。外国為替相場に対する評価、先行きの見通しに関する判断はお客さまご自身の責任で行って頂くようお願いいたします。

また、当行は当該レポート等で対外的に表明している外国為替相場に関する相場見通しとは異なる相場観に基づき、自ら外国為替市場の参加者として取引を行う場合があります。

4.取引レートに含まれる要素

当行がお客さまから外国為替取引のお申込を受け付ける場合、お客さまとの取引に適用される取引レートは、当行が市場実勢と判断する取引レート(市場実勢レート)に様々な要素を加味して決定されています。当行がお客さまとの取引において適用する取引レートを主な取引の種類毎に説明すると以下の通りとなります。

(1)市場実勢取引

外国為替取引業務において当行が権限を付与した役職員が市場実勢と判断する取引レートに、当行のポジション管理にかかるコストや収益等を加味し、取引レートを決定します。

(2)公表相場適用取引

当行が当日9時55分頃の市場実勢と判断する取引レートに、当行のポジション管理にかかるコストや収益等を踏まえ通貨毎に決定される値幅を加味し、取引レートを決定します。

公表相場については、当行所定の条件の下、当日中の取引に適用されますが、日中に大きく相場が変動する場合、当行自身のリスク軽減を目的に変更される場合があります。

また、お客さまとの取引やサービスの種類に応じて個々のお客さまとの間で適用される優遇幅を定める場合があります。なお、当行はお客さまとの取引に適用される取引レートを個別に明示したうえで、合意が得られた場合に取引を行いますが、その際に、優遇幅やその他の取引価格に含まれる要素をお客さまに対し開示することは原則としていたしません。

なお、為替デリバティブ取引や通貨スワップ取引等のプライシングにおいては、各デリバティブ市場における市場実勢取引にかかる取引コストに加え、取引にかかる各種リスク評価を考慮いたします。

5.外国為替取引に関するリスクの説明

外国為替取引には以下のリスクがあります。外貨預金や外貨建貸金等の外国為替相場の変動リスクを内在する商品・サービスをご利用いただく場合においても同様です。

(1)相場変動リスク(市場リスク)

外国為替市場とは多種多様な参加者が電話・電子ブローキングシステム等を通じて相対取引を断続的に行う状況を捉えたものであり、開示規制等が適用される取引所での取引とは価格決定のプロセスは異なります。

通貨や取引時間帯、市場の流動性の状況等によって取引参加者、取引金額の増減が生じるため、取引レートは常に変動します。金融政策、地政学リスクにかかるイベントの発生等によって短期間で大きく相場が変動する場合もあります。

当行は、お客さまとの外国為替取引により負担する価格変動リスクにつき、取引の約定後または状況によっては約定前から所定のリスク管理を行います。このため、当行が提供する外国為替取引(これに準じる市場性商品を含みます)では、取引の約定後は、原則として変更または取消ができません。当行がやむを得ず変更または取消に応じる場合、所定の手数料、費用、清算金、損害金等をお支払い頂くことがあります。商品・サービス毎に定める利用規定、契約書、説明書等があるものについては、詳細はそちらをご覧ください。

(2)その他のリスク

当行または当行が外貨決済口座を保有する銀行(一般的に「ノストロ銀行」といいます)の信用力が著しく低下または破綻に陥った場合、お客さまとの外国為替決済に支障をきたす恐れがあります。

また、当行における外国為替取引業務において用いるシステムや、外国為替にかかる決済機関、決済制度への参加者における関連システムの障害等により、お客さまとの外国為替取引および同取引にかかる決済に支障をきたす可能性があります。

その他、各国政府・中銀等による通貨規制等によりお客さまの外国為替取引および同取引にかかる決済に支障をきたす場合があります。

6.オーダーの執行

当行はお客さまからオーダーを受けた場合、市場実勢レートを踏まえ、当行がリスク管理可能なレート水準を判断したうえで、当行とお客さまとの間で成約可能な取引レートをご提示いたします。

当行は指値でのオーダーをお預かりした場合、当行がお客さまと事前に合意した管理要領に基づき管理します。市場実勢レートがお客さまからご指定を受けた指値に到達していないと当行が判断した場合には、ご依頼頂いた通りの執行ができない場合があります。

また、当行は複数のお客さまから様々なオーダーをお預かりしますので、通貨ペア・売り買いの別・レートが同じオーダーをお預かりする場合であっても、オーダー間の処理の順番は当行の裁量に基づく判断により前後する場合がある他、一部のオーダーが執行できない場合があります。当該判断は当行が信用に足ると判断した各種情報ソースに加え、当行のマーケットにおける取引執行経験、マーケットの流動性、担当ディーラーのポジショニング等に基づき、当行において適切に判断権限を付与した役職員により行われます。

当行はリスク管理や自己トレーディングを目的に多様な市場取引を行っていますので、これらの取引がお客さまからお預かりしたストップロス・オーダーのトリガーレベルに近い水準で執行される可能性があります。その場合、当行の当該取引の執行がお客さまのオーダーの参照レート等に影響を与え、お客さまのストップロス・オーダーがトリガーされるきっかけとなり得ます。

7.電子取引締結システム

当行は法人のお客さまを対象に、インターネットまたは専用回線を経由して為替予約等の締結サービスをご提供しています。当該サービス利用にかかるご利用上の留意点につきましては、別途定めるi-Deal利用規定等をご覧ください。

8.外国為替取引に関する利益相反の管理態勢およびその他のガバナンス態勢

当行は多数のお客さまとの間で同時並行して外国為替取引を行いますので、お客さまとの外国為替取引の締結にあたり利益相反を管理する必要がある場合には、当行の利益相反管理方針等に基づき適切に対応いたします。当行の利益相反管理方針につきましては、当行のホームページに掲載しております。

SMBC 利益相反管理方針の概要

なお、外国為替取引において利益相反を含めたリスク管理を行うため、当行では以下の態勢を整備しています。

(1)適切な権限を付与した職員に対する研修

外国為替市場で取引を執行する職員に対しては、利益相反管理を含めた関連法令、規範の遵守のための研修を行っています。

(2)リスク管理部門、監査部門による牽制

不適切な市場取引が行われることのないよう、リスク管理部門による適切なリスク管理を行うとともに、適切な業務執行態勢に関し独立した監査部署による監査等を実施しています。

(3)取引情報の管理

お客さまのお取引情報について適切に管理いたします。

(4)リスク管理

自身のトレーディング戦略やポジションの状況、想定されるリスクおよびマーケットの流動性等の状況を踏まえ適切なリスク管理を行っています。