人材の育成

戻る

三井住友銀行では、従業員ひとりひとりの成長こそが企業成長の原動力と考え、人材育成に積極的に取り組んでいます。現在の不確実で変化の激しい難局を勝ち残り、三井住友銀行が持続的に成長していくためには、変化に耐え得るだけの基礎固めができた人材、変化の先を読み、自ら考え、行動することのできる人材、将来を見据え、次世代を担う人材の育成が不可欠であると考えています。

環境変化に対応した人材育成

三井住友銀行では、足元の経営環境の変化に応じて、「現場主導の自律的成長モデル」の確立を目指しています。変化の激しい経営環境を踏まえて、従業員1人ひとりが、自らへの成長へのモチベーションと、自律的な課題設定に基づいて学び続けることがますます重要になってきています。このため、役職等に関係なく、自らの目標にプロアクティブに挑戦する従業員を支援する環境を整えていきます。あわせて、管理職への若手登用の促進など、積極的な能力開発への努力や成果を踏まえた異動や、自律的なキャリアの形成に資する取組みも進めていきます。

環境変化に対応した人材育成

専門スキルの習得・キャリア意識の醸成

業務分野ごとに育成プログラムを整備し、新人から中堅従業員まで一貫した人材の育成を行っています。研修の内容については、高度な金融知識・業務スキルの習得に加え、キャリア意識の醸成も積極的に支援しています。また、総合職、総合職(リテールコース)の若手の育成については特に注力して取り組んでおり、先輩従業員が日常的な指導・相談を通してサポートする「アンカー制度」を導入しています。

基礎プログラム

新人に必要とされる基本的な知識の付与と、スムーズにOJTに取り組めるよう職種別の「基礎プログラム」を実施しています。OJTと集合研修を繰り返すインターバル方式により、基礎的な業務知識・スキルの早期定着を図ります。

また、お客さま本位の実践に向けたカリキュラム、お客さま応対に必要なビジネスマナーにも重点を置き、より一層のサービス向上に向け、研修を実施しています。

総合職向け

法人担当者として必要とされる法人向け融資や財務分析等の基礎的な業務知識を習得します。OJTと集合研修の融合により、法人業務におけるスキルを習得する体制となっています。

総合職(リテールコース)向け

個人ビジネス・中小企業ビジネスを担う担当者として必要される個人向け商品知識や業務知識を習得します。特に、ロールプレイングを集中的に行う実践的なカリキュラムに重点を置いており、応対力のスキルを習得する体制となっています。

<講義の風景>

SMBCグループ合同研修

グループ会社主要9社(※)による合同研修を実施しています。新入社員に対しては、「SMBCグループ合同新人プログラム」を実施しています。そのほか、執行役員、管理職、中堅担当者毎に、「SMBCグループ合同研修」を実施しており、SMBCグループ各社の理解、一体感の醸成、連携強化を図っています。

  • (※)三井住友銀行、SMBC信託銀行、三井住友ファイナンス&リース、SMBC日興証券、三井住友カード、セディナ、SMBCコンシューマーファイナンス、日本総合研究所、三井住友DSアセットマネジメント

グローバル人材の育成

三井住友銀行では人事部グローバル人事室・人事部研修所にて、全行的な観点で人材管理をする枠組みを整備、国内外の優秀な人材の確保、育成を行っています。日本で採用された従業員に対しては、海外業務トレーニー制度などを充実させ、積極的な海外派遣を実施しているほか、語学力の強化も支援しています。

さらに、海外で採用された従業員を日本国内の各部門で受入れるプログラムや国内外の従業員が参加する集合研修などにも力を入れ、国境を越えたさらなる連携・協働の実現に取り組んでいます。

人事評価体系

三井住友銀行では、単年度の業務上の成果を示す「成果責任評価制度」のみならず、会社全体に対する貢献度を示す「貢献評価制度」を人事評価制度に取り入れました。これは、個々人の高い意欲に加え、部下や後輩、同僚への支援・指導・育成、更には部店の枠を超えて他の部店・部門などを支援・サポートする姿勢、すなわち「シームレスな組織」を構築し、中長期的な観点からグループ全体の達成度を最大化していこうという「Team SMFG」を志向する姿勢を表しています。

三井住友銀行への貢献に寄与することとなった他部署・同僚などへのサポート・支援姿勢については「サポート活動」として、単年度において具体的な成果に結びつかなかったものの、中長期的には銀行全体への大きな貢献につながることができる活動については 「プロセス活動」として、それぞれ人事評価に取り入れています。

その他「コンプライアンスへの注力姿勢」、「人材育成」、「業務改善」や「お客さまからの相談に対する対応」についてもそれぞれ目標設定をし、その達成度合いを評価に反映させています。

公募制度の充実

従業員ひとりひとりが金融のプロフェッショナルとしての専門性を高めていくためには、従業員が自らの適性・スキルを把握し、自らの意思でその実力を発揮するフィールドを選択できる仕組みが不可欠です。

三井住友銀行では、こうした従業員の自律的なキャリアデザインをサポートする仕組みの一つとして、「研修エントリー」「ジョブエントリー」「ポストエントリー」の3本柱からなる公募制度を実施しています。

研修エントリー キャリア形成に必要な各種研修プログラムへ公募する制度
(例)マネジメント・スクール、海外大学院
ジョブエントリー 自律的なキャリア開発にチャレンジできるよう、希望するジョブ(職務)へ公募する制度
(例)各部門の本部企画スタッフ、投資銀行業務など
ポストエントリー 意欲と能力ある人材にマネジメントポスト(部店長、課長など)にチャレンジする機会を提供するための公募制度

SMBCジョブフォーラム

三井住友銀行では、毎年「ジョブエントリー」の公募に先立ち、ジョブ(職務)を募集している70近くの部署が、公募に関心のある従業員に向けて、仕事内容を紹介・アピールする「SMBCジョブフォーラム」を開催しています。各部がセミナー形式で業務内容を紹介した後、ブースに分かれてより具体的なプロジェクト例の紹介や質疑応答を行います。従業員が銀行内のさまざまなセクションの職務内容をより具体的に理解し、公募への関心度を高めると同時に、公募を通じてキャリア形成を主体的に考える機会となっています。

SMBCジョブフォーラム

階層別研修

三井住友銀行では、管理職も含め、長期にキャリアを展望する研修体系を整備・拡充し、実施しています。これは従業員ひとりひとりがその可能性を最大限に活かし、自律的なキャリア形成を図ることを目的としています。

自己啓発サポート

資格取得支援制度、資格取得対策講座の開催など、広く従業員の自己啓発をサポートしています。また、インターネット上に総合学習ポータルサイト「SMBC Group eCampus」を設置し、eラーニングやビデオライブラリの視聴など、キャリアアップのための各種ツールを提供しています。