外国送金

「外国為替及び外国貿易法」における北朝鮮・イラン関連規制

SMBCダイレクトでの送金に関する重要なご連絡

マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与対策の強化のため、2019年6月より、個人のお客さまが行う特定の国・地域宛の送金のうち、当行がより慎重な判断が必要と判断した取引については、SMBCダイレクトでの受け付けを停止し、店頭窓口での詳細な確認を行った上で送金可否を判断することといたします。

送金の依頼を進める中で慎重な判断が必要である旨が表示されたお客さまは、以下の店頭窓口での海外送金についてのご案内ページを一読のうえ、お近くの外為業務受付可能店舗にご相談ください。

本件にともない、2019年7月22日に、受取人または受取人銀行に特定の国・地域を設定している送金先口座の受付状態を「利用可能」から「お問い合わせ中」もしくは「利用不可」に変更いたします。
受付状態を「お問い合わせ中」に変更したお客さまは、2019年7月22日以降に当該の事前登録口座へ送金を行うお客さまは追加情報の入力が必要となります。
受付状態を「利用不可」に変更したお客さまは、当該の送金先へはSMBCダイレクトでの外国送金依頼をお受けする事ができかねますので、お手数ですがお近くの外為業務受付可能店舗にご相談くださいますよう、お願いいたします。

外国送金サービスページ内の、「事前登録中口座の内容変更依頼」より、追加情報の入力をお願いします。

尚、お客さまの口座状況や入力内容によっては、追加情報の入力をいただいても、SMBCダイレクトではご希望の送金先口座への送金を承ることができない場合があります。
その場合も、お近くの外為業務受付可能店舗にご相談くださいますよう、お願いいたします。

店頭での外国送金・外為業務受付可能店舗・店頭での送金依頼時の持参物について、くわしくはこちら

外国為替及び外国貿易法(以下「外為法」という)の規定により、平成18年10月14日以降、北朝鮮並びにイランに対する各種規制(注)が順次実施されています。平成22年8月3日付で、「核物質及び技術等に関する我が国の会社へのイランによる投資禁止措置」および「イランへの大型通常兵器等の供給等に寄与する目的で行われる資金移転の防止措置」(以下、「イランに対する新たな規制」という)も追加されました。

平成22年9月6日より「外国為替及び外国貿易法」の規定による「イラン特定銀行に対する資産凍結等によるコルレス関係の停止措置」が実施されました。
これにより、以下の銀行が関与するお取引は、通貨を問わずお取り扱いできなくなっておりますので、あらかじめご了承ください。

  • (注)北朝鮮並びにイランに対する各種規制
  • 「北朝鮮を原産地又は船積地域とする全ての貨物の輸入及び仲介貿易取引」を禁止する措置
    (施行日:平成18年10月14日)
  • 「北朝鮮を仕向地とする貨物の輸出及び仲介貿易取引」を禁止する措置
    (施行日:平成21年6月18日)
  • 「北朝鮮の核関連、弾道ミサイル関連又はその他の大量破壊兵器関連の計画又は活動に貢献し得る資産の移転等の防止措置」
    (施行日:平成21年7月7日)
  • 「イランの核活動等に寄与する目的で行われる資金移転の防止措置」
    (施行日:平成19年2月17日)  等

当行は、外為法第17条の規定に基づき、お客さまの外国送金が上記の北朝鮮並びにイラン関連規制の対象取引ではないこと等を確認しております。つきましては、本サービスでお取引をご依頼いただくにあたり、当該取引に該当しないことをご確認のうえ、お手続を行ってください。



詳細は、財務省経済産業省のホームページをご参照ください。