グリーン/ソーシャル/サステナビリティローンプロジェクト紹介

戻る

ケネディクス商業リート投資法人

プロジェクト概要

本投資法人は、日常生活に必要な商品・サービスを提供し、住宅地またはロードサイド等、日常生活圏に立地する「生活密着型商業施設」に重点投資を行う日本初のリートとして、2015年2月10日に東京証券取引所不動産投資信託市場に上場しました。

本投資法人は上場来、ESG(Environment:環境、Social:社会、Governance:ガバナンス)活動に積極的に取り組んでおり、企業の社会的責任として持続可能な社会の実現を目指して、サステナビリティの向上に取り組むことを重要な経営課題と位置付けています。また、環境負荷の低減やステークホルダーとの連携・協働など、持続可能な社会の実現を目指したサステナビリティの向上に努めています。

今般、本投資法人のサステナビリティへの取組みを一層強化するため、環境認証取得済み物件を取得した際に調達した資金のリファイナンスを目的としてグリーンローンを調達いたしました。

プロジェクトの社会的意義

本投資法人が制定しているグリーンファイナンス・フレームワークではグリーンローンで調達された資金は、以下の適格クライテリアを満たすグリーン適格資産の取得資金、もしくは同取得資金のリファイナンスに充当するものと定め、適格クライテリアを①DBJ Green Building認証における3つ星以上、②CASBEE不動産評価認証におけるB+ランク以上、③BELS評価におけ3つ星以上のいずれかを取得済もしくは今後取得予定の物件と定めております。
今回リファイナンスの対象となる資金は、上述の適格クライテリアを満たす「ロゼオ水戸」を取得した際の資金です。当該施設では、地域行政等と連携したイベントの開催等により地域のコミュニティ形成に貢献している点、館内でのLED照明採用等、環境への優れた取り組みがなされている点、非常用発電機の設置、非常用食料等の用意がされていること等、防災への優れた取り組みがなされている点が評価され、DBJ Green Building認証において3つ星を取得しています。本投資法人においては、グリーンファイナンスにより調達した資金を活用し、環境改善効果の高いと考えられる一定の適格クライテリアを満たす資産を取得し、積極的に活用することで、地域コミュニティの活性化や社会インフラの整備への貢献を目指しています。

評価結果

クリックで拡大

株式会社日本格付研究所(JCR)より、「JCRグリーンファイナンス・フレームワーク評価」の最上位評価である「Green 1 (F)」を取得しています。

今後の取り組み方について

本投資法人は、生活密着型商業施設を主とした60物件を超える安定したポートフォリオを構築し、上述の適格クライテリアを満たす物件も約6割(延床面積ベース)保有しております。今後は、保有物件の環境・省エネ対応やエネルギー利用の効率化とサステナビリティへの取組みの推進に加え、環境に配慮した良質な物件を継続的に取得していく方針です。

お客さまの声

本投資法人はESGの面では、不動産セクターのESG配慮を測るGRESBリアルエステイト評価において、2021年度評価で3年連続となる「4スター」(最上位は「5スター」)を獲得しました。また、これまでの本資産運用会社が運用する投資法人ごとの対応に加えて、本資産運用会社全体で気候変動リスク対応を含むESGへの取組みを推進するために、新たにサステナビリティ推進室及びサステナビリティ推進委員会を設置しました。その取組みの一環として2021年10月にはTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言への賛同を表明しています。

本投資法人の主たる投資対象である生活密着型商業施設は日常生活圏内に立地しており、これらの施設は2020年以降の新型コロナウイルス感染拡大の影響下においても日常生活を維持するために欠かせない生活インフラとしての機能を利用者の方々に提供し続けています。
本投資法人としても、施設入口への消毒液の設置、共用部清掃の徹底等、施設のテナント様及びお客様に安心してご利用いただけるように対応しています。今後も、保有物件のテナント様に満足をいただけるような施設運営に取り組むと共に、投資主の皆様の中長期的な収益の向上に寄与するよう効果的な運用を進めてまいります。その中で、多岐に亘るステークホルダーとの長期的な関係の構築、協働を通じて持続可能な社会づくりに貢献していく所存です。引き続きご支援の程、よろしくお願いします。

  • ケネディクス商業リート投資法人
  • 執行役員 渡辺 萌 様