2つの特典を合算でVポイント2,000円相当もれなくプレゼント!

参加にはエントリーが必要です

しかもVポイントなら日々のお取引でざくざくたまる!

What is V point?

ん?
そもそも
Vポイント
ってなに?

Vポイント
ネットショッピングや、
コンビニなど店頭で
1ポイ
ント
=1相当

としてお買い物に
使えます!

どこで貯まる?使う?
Vポイントはどこで貯まる?
  • つみたてNISA
    などの資産運用

    つみたてNISAによるポイント獲得は、本プラン適用の場合に限ります。

  • SMBCダイレクト
    へのログイン

  • 当行本支店ATMの
    ご利用

  • 三井住友カードの
    クレジットカードで
    お買い物

Vポイントを使うには?
  • 日常のお買い物で
    使う

  • ポイント交換・移行

  • 振込手数料割引

さらにVポイントを知りたい方

Flow お申し込みの流れ 2,000ポイント獲得までの3ステップ

STEP1

STEP1エントリー

まずはエントリーをしよう!

STEP2

STEP2口座開設

口座開設アプリ(※)をダウンロードして、口座を開設しよう。顔認証を行うと、最速当日で開設いただけます!

  • WEBからの口座開設も対象です。

エントリー&口座開設完了で
500ポイントGET!

STEP3

STEP3つみたてNISA申込

ファンドを選んで、お申込をすすめよう!

口座開設から1ヵ月以内に申込完了&
翌々月までに引き落としで

1,500ポイントGET!

ファンドの選び方がわからない

SMBCのつみたてNISAなら
4つの厳選ファンドから選ぶだけ

SMBCのつみたてNISA対象ファンドは、わかりやすい商品性と、業界最安値水準(※)を目指して導入されたファンド!みんながつみたてしているファンドをランキングで紹介

あなたに合ったファンドを
診断してみよう!

身近で・
はじめやすさ重視タイプ

身近な日本株がおすすめ

SMBC・DCインデックスファンド(日経225)

身近な存在である日本企業を投資対象とし、ニュースでもよく耳にする『日経平均株価』の動きに連動する投資成果が期待できる

もし3年前*1からつみたてをしていたら...

120万円 → 約150万円

*1 2018年12月末

SMBC・DCインデックスファンド(日経225)を選択してください

留意事項
  • (注1)本シミュレーションは2018年12月〜2021年12月の各月末に3万円(ただし毎年1月と7月は5万円)を、日経平均株価(配当込み)に投資したと仮定して算出しています。ただし、最終月は投資しません。
  • (注2)本シミュレーションは、日経平均株価(配当込み)から「SMBC・DCインデックスファンド(日経225)」の信託報酬(税込み、年0.154%)を控除して算出しています。
  • (出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメントが作成
  • 上記は、インデックスの過去のデータを用いて三井住友DSアセットマネジメントが行ったシミュレーションの結果であり、実際の投資成果ではありません。信託報酬以外の費用等は考慮されていません。また、当ファンドの将来の運用成果や今後の市場環境等を示唆あるいは保証するものでもありません。
  • 日経平均株価に関する著作権、ならびに「日経」および「日経平均」の表示に関する知的財産権、その他一切の権利は株式会社日本経済新聞社に帰属します。
    日本経済新聞社は、日経平均株価の内容を変える権利および公表を停止する権利を有しています。また、日本経済新聞社は当ファンドの取引および運用成果等に関して一切責任を負いません。

バランスよく
安定的に管理タイプ

バランスファンドがおすすめ

ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド

世界の債券・株式等にバランスよく投資を行い、リスクを抑えた安定的な投資成果が期待できる

もし3年前*1からつみたてをしていたら...

120万円 → 約130万円

*1 2018年12月末

ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンドを選択してください

留意事項
  • (注1)2018年12月末から投資を開始し、2021年12月末は投資を行わないものとして計算しています。
  • (注2)当ファンドの分配金再投資基準価額をもとに計算しています。分配金再投資基準価額は、税引前分配金を再投資したものとして算出しており、信託報酬控除後の値です。信託報酬等については、交付目論見書の「ファンドの費用」をご覧ください。
  • (出所)ブラックロック・ジャパン株式会社作成
  • 当ファンドの将来の運用成果や今後の市場環境等を示唆あるいは保証するものでもありません。

海外企業の
成長に期待タイプ

2つのファンドがおすすめ

SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)

世界の中心であるアメリカの企業の株式を投資対象とし、一定のリスクはあるものの、アメリカの成長を捉えた大きな投資成果が期待できる

もし3年前*1からつみたてをしていたら...

120万円 → 約188万円

*1 2018年12月末

SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)を選択してください

留意事項
  • (注1)本シミュレーションは2018年12月〜2021年12月の各月末に3万円(ただし毎年1月と7月は5万円)を、S&P500インデックス(配当込み、円ベース)に投資したと仮定して算出しています。ただし、最終月は投資しません。
  • (注2)本シミュレーションは、S&P500インデックス(配当込み、円ベース)から「SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)」の信託報酬(税込み、年0.0968%)を控除して算出したものです。
    S&P500インデックス(配当込み、 円換算ベース)は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが公表する指数を委託会社が独自に円換算したものです。
  • (出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメントが作成
  • 上記は、インデックスの過去のデータを用いて三井住友DSアセットマネジメントが行ったシミュレーションの結果であり、実際の投資成果ではありません。信託報酬以外の費用等は考慮されていません。また、当ファンドの将来の運用成果や今後の市場環境等を示唆あるいは保証するものでもありません。

SMBC・DCインデックスファンド(MSCIコクサイ)

世界の企業の株式を投資対象とし、一定のリスクはあるものの、あらゆる国の成長を捉えた大きな投資成果が期待できる

もし3年前*1からつみたてをしていたら...

120万円 → 約181万円

*1 2018年12月末

SMBC・DCインデックスファンド(MSCIコクサイ)を選択してください

留意事項
  • (注1)本シミュレーションは2018年12月〜2021年12月の各月末に3万円(ただし毎年1月と7月は5万円)を、MSCIコクサイ(配当込み、円ベース)に投資したと仮定して算出しています。ただし、最終月は投資しません。
  • (注2)本シミュレーションは、MSCIコクサイ(配当込み、円ベース)から「SMBC・DC インデックスファンド(MSCIコクサイ)」の信託報酬(税込み、年0.1023%)を控除して算出しています。
    MSCIコクサイインデックス(配当込み、円ベース)は、MSCI INC.が公表する指数を委託会社が独自に円換算したものです。
  • (出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメントが作成
  • 上記は、インデックスの過去のデータを用いて三井住友DSアセットマネジメントが行ったシミュレーションの結果であり、実際の投資成果ではありません。信託報酬以外の費用等は考慮されていません。また、当ファンドの将来の運用成果や今後の市場環境等を示唆あるいは保証するものでもありません。
身近で・はじめやすさ重視タイプ

身近な日本株がおすすめ

SMBC・DCインデックスファンド(日経225)

身近な存在である日本企業を投資対象とし、ニュースでもよく耳にする『日経平均株価』の動きに連動する投資成果が期待できる

もし3年前*1からつみたてをしていたら...

120万円 → 約150万円

*1 2018年12月末

SMBC・DCインデックスファンド(日経225)を選択してください

留意事項
  • (注1)本シミュレーションは2018年12月〜2021年12月の各月末に3万円(ただし毎年1月と7月は5万円)を、日経平均株価(配当込み)に投資したと仮定して算出しています。ただし、最終月は投資しません。
  • (注2)本シミュレーションは、日経平均株価(配当込み)から「SMBC・DCインデックスファンド(日経225)」の信託報酬(税込み、年0.154%)を控除して算出しています。
  • (出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメントが作成
  • 上記は、インデックスの過去のデータを用いて三井住友DSアセットマネジメントが行ったシミュレーションの結果であり、実際の投資成果ではありません。信託報酬以外の費用等は考慮されていません。また、当ファンドの将来の運用成果や今後の市場環境等を示唆あるいは保証するものでもありません。
  • 日経平均株価に関する著作権、ならびに「日経」および「日経平均」の表示に関する知的財産権、その他一切の権利は株式会社日本経済新聞社に帰属します。
    日本経済新聞社は、日経平均株価の内容を変える権利および公表を停止する権利を有しています。また、日本経済新聞社は当ファンドの取引および運用成果等に関して一切責任を負いません。
バランスよく安定的に管理タイプ

バランスファンドがおすすめ

ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド

世界の債券・株式等にバランスよく投資を行い、リスクを抑えた安定的な投資成果が期待できる

もし3年前*1からつみたてをしていたら...

120万円 → 約130万円

*1 2018年12月末

ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンドを選択してください

留意事項
  • (注1)2018年12月末から投資を開始し、2021年12月末は投資を行わないものとして計算しています。
  • (注2)当ファンドの分配金再投資基準価額をもとに計算しています。分配金再投資基準価額は、税引前分配金を再投資したものとして算出しており、信託報酬控除後の値です。信託報酬等については、交付目論見書の「ファンドの費用」をご覧ください。
  • (出所)ブラックロック・ジャパン株式会社作成
  • 当ファンドの将来の運用成果や今後の市場環境等を示唆あるいは保証するものでもありません。
海外企業の成長に期待タイプ

2つのファンドがおすすめ

SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)

世界の中心であるアメリカの企業の株式を投資対象とし、一定のリスクはあるものの、アメリカの成長を捉えた大きな投資成果が期待できる

もし3年前*1からつみたてをしていたら...

120万円 → 約188万円

*1 2018年12月末

SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)を選択してください

留意事項
  • (注1)本シミュレーションは2018年12月〜2021年12月の各月末に3万円(ただし毎年1月と7月は5万円)を、S&P500インデックス(配当込み、円ベース)に投資したと仮定して算出しています。ただし、最終月は投資しません。
  • (注2)本シミュレーションは、S&P500インデックス(配当込み、円ベース)から「SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)」の信託報酬(税込み、年0.0968%)を控除して算出したものです。
    S&P500インデックス(配当込み、 円換算ベース)は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが公表する指数を委託会社が独自に円換算したものです。
  • (出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメントが作成
  • 上記は、インデックスの過去のデータを用いて三井住友DSアセットマネジメントが行ったシミュレーションの結果であり、実際の投資成果ではありません。信託報酬以外の費用等は考慮されていません。また、当ファンドの将来の運用成果や今後の市場環境等を示唆あるいは保証するものでもありません。

SMBC・DCインデックスファンド(MSCIコクサイ)

世界の企業の株式を投資対象とし、一定のリスクはあるものの、あらゆる国の成長を捉えた大きな投資成果が期待できる

もし3年前*1からつみたてをしていたら...

120万円 → 約181万円

*1 2018年12月末

SMBC・DCインデックスファンド(MSCIコクサイ)を選択してください

留意事項
  • (注1)本シミュレーションは2018年12月〜2021年12月の各月末に3万円(ただし毎年1月と7月は5万円)を、MSCIコクサイ(配当込み、円ベース)に投資したと仮定して算出しています。ただし、最終月は投資しません。
  • (注2)本シミュレーションは、MSCIコクサイ(配当込み、円ベース)から「SMBC・DC インデックスファンド(MSCIコクサイ)」の信託報酬(税込み、年0.1023%)を控除して算出しています。
    MSCIコクサイインデックス(配当込み、円ベース)は、MSCI INC.が公表する指数を委託会社が独自に円換算したものです。
  • (出所)Bloombergのデータを基に三井住友DSアセットマネジメントが作成
  • 上記は、インデックスの過去のデータを用いて三井住友DSアセットマネジメントが行ったシミュレーションの結果であり、実際の投資成果ではありません。信託報酬以外の費用等は考慮されていません。また、当ファンドの将来の運用成果や今後の市場環境等を示唆あるいは保証するものでもありません。

業界最低水準を目指して導入とは

  • 当行取扱のつみたてNISA4商品のうち、2022年1月より、取扱開始した「SMBC・DCインデックスファンド(日経225)」、「SMBC・DCインデックスファンド(S&P500)」、「SMBC・DCインデックスファンド(MSCIコクサイ)」の3商品を指してい ます。2018年1月より、取扱開始したブラックロック・つみたて・グローバルバランス ファンドは、コスト業界最安値水準を目指して導入されたものではありません。
  • 金融庁のHPに掲載されている「つみたてNISA対象商品届出一覧」(2021年10月25日時点) のうち、同一連動指数における信託報酬の安さを三井住友銀行にて比較。 「日経225」連動ファンド18本中で1位(同率1位の商品は4商品あり)、 「S&P500」連動 ファンド9本中で2位(同率2位の商品は2商品あり)、「MSCIコクサイ」連動ファンド14本中 で2位(同率2位の商品は3商品あり)。
  • 2021年10月25日時点の情報であり、それ以降の業界最低最安値水準を保証するものではありません。
お申込方法をしりたい!

お手続を進める前に

口座開設には以下資料が必要です。
必ず事前にご準備の上、お手続下さい。

①マイナンバー関連書類
②顔写真付きの本人確認書類
(運転免許証・住基カード・在留カード・特別永住者証明書、パスポート)

  • マイナンバーカードをお持ちの場合は、マイナンバーカードのみで問題ございません。マイナンバー通知カードの場合は、あわせて本人確認書類の提出が必要となります。

STEP1

「SMBCダイレクトログイン後、左上メニューを選択し「ためる・ふやす」を選択、「投資信託」をタップ。

  • つみたてNISAのみお申し込みの場合も投資信託口座の開設が必要です。

STEP2

「非課税口座ご利用のご選択」にて「つみたてNISAを利用する」を選択してください。その他各チェック項目を選択したら、「次へ」をタップ。

STEP3

つみたてプランとファンドを選択の上、「確認して次へ」をタップ。
(フル活用プラン/自由に設定プラン)

STEP4

入力内容をご確認の上、「確認して次へ」をタップ。

STEP5

お客さまの状況に応じて、運用の経験や目的を選択し、「入力内容を変更し再度確認」をタップ。

STEP6

入力内容をご確認の上、「次へ」をタップ。

STEP7

本人確認書類のアップロードを開始します。

STEP8

お持ちの書類を選んで画像をアップロード

お申込完了

約2週間〜1ヵ月後に口座開設完了のご連絡をいたします。
お申込完了画面までに進んでいただいた方がポイント付与の対象となります。

学ぶ 制度やSMBCのメリットを最終確認!ミドすけと2分動画でマスター

Q&A よくあるご質問

プラン詳細

プラン名称
スマホで!PCで!口座開設でVポイントプレゼントプラン
概要
期間中に口座開設アプリまたは当行ホームページでの口座開設で、もれなくVポイント500ポイントプレゼント
期間
2022年7月1日(金)〜無期限
対象のお客さま
個人のお客さま(営業性個人を含まない)
対象条件
実施期間中に以下の条件を全て満たすこと(※順不同)
  • 専用ページから氏名・生年月日・電話番号・メールアドレスでエントリー
  • 残高別金利型普通預金口座をアプリまたは当行ホームページで開設
プレゼント進呈方法
SMBCポイントパック契約口座に進呈
  • 特典利用期限は、進呈日から6ヵ月後の月末までです。(例:2022年7月22日に進呈された場合、2023年1月31日まで)期間内に利用しない場合、失効となります。
プレゼント進呈時期
口座開設及びエントリーの両方が完了した日の翌月末までに進呈
  • SMBCダイレクト上の入出金明細のうち、最も古い明細の日付が口座開設日に該当します。SMBCダイレクト上の入出金明細をご確認いただくことで、ご自身の口座開設日を確認することができます。

留意文言

  • 本プランにおいて、普通預金口座とは、残高別金利型普通預金をさします。口座開設アプリまたは当行ホームページ経由で開設される口座は残高別金利型普通預金になります。
  • 店頭での口座開設は、プレゼント進呈の対象外となります。
  • 2022年6月30日(木)時点で、当行に普通預金口座をお持ちの方は、プレゼント進呈の対象外となります。
  • 条件を満たしても、プレゼント進呈のタイミングで口座やSMBCポイントパック契約を解約している場合、プレゼント進呈の対象外となります。
  • 三井住友銀行では、不正利用される口座の開設を未然に防止するため、場合によっては口座の開設をお断りすることがあります。
  • Vポイントの進呈、またはポイント交換のお手続にはSMBCポイントパック契約が必要です。
  • Vポイントの交換方法によっては1ポイント=1円相当にならない場合があります。
  • エントリー内容を確認・変更したい場合は、お手数ですが再度エントリーをやり直してください。
  • エントリー内容やお申込内容等に誤りや不備がある場合は、対象期間内に手続が終了しない等の可能性があり、その場合は本プランの対象外となります。
  • プレゼントの進呈はお客さまお一人につき1回限りとなります。
  • 当行が実施している他のキャンペーンとは併用できない場合があります。
  • プレゼントの進呈は口座開設及びエントリーの両方が完了した日の翌月末までを予定していますが、諸事情によって遅れる場合があります。
  • プレゼントは今後予告なく内容を変更、または取扱を中止することがあります。

プラン詳細

プラン名称
SMBCダイレクトでつみたてNISAデビュープラン
概要
SMBCダイレクトでつみたてNISAを新規お申込等で、もれなくVポイントプレゼント
期間
2022年7月1日(金)〜無期限
対象のお客さま
普通預金口座を新規開設完了後1ヵ月以内(※)、かつ「つみたてNISA口座」未保有のお客さま
  • SMBCダイレクト上の入出金明細のうち、最も古い明細の日付が口座開設完了日に該当します。
  • 「廃止通知書」を伴う開設および、NISAからつみたてNISAへの「切替」は対象外です。
対象条件
下記①〜③を満たした方
  • 専用ページから(※1)、氏名・生年月日・電話番号・メールアドレスでエントリー(※2)
  • 普通預金口座開設日から1ヵ月以内にSMBCダイレクトでつみたてNISAの新規申込を完了
  • 申込日の翌々月までに引き落とし実績あり
  • ※1専用ページは、「スマホで!PCで!口座開設でVポイントプレゼントプラン」と同一のものです。
  • ※2エントリーは初月引落日までに実施いただいた分を対象とします。
プレゼント内容
普通預金口座開設(※)から1ヵ月以内につみたてNISA申込完了した方:Vポイント1,500P
  • 本プラン開始前に開設された方も含みます。
    (例:2022年7月15日に普通預金口座開設された方は、2022年8月14日まで上記②まで完了いただく必要があります)
プレゼント進呈方法
SMBCポイントパック契約口座に進呈
  • 特典利用期限は、進呈日から6ヵ月後の月末までです。(例:2022年7月22日に進呈された場合、2023年1月31日まで)期間内に利用しない場合、失効となります。
プレゼント進呈時期
初回引落日の月末を目途に進呈

留意文言

  • SMBCダイレクトでの申込は、お客さまご自身の端末でお申込いただいた場合を対象とします。
  • 「つみたてNISAの申込完了」は、SMBCダイレクト上で本人確認資料のアップロードが完了するまでを指します。完了に時間がかかる場合がありますので、余裕を持って、申込手続を行ってください。
  • つみたてNISAの引落日は毎月10日です。初回の引落は、つみたてNISA口座開設日から3営業日後以降の直近の10日となります。(なお、お申込完了からつみたてNISA口座開設完了までは最大5営業日ほどかかります。)
  • 残高不足などで、翌々月までに引落実績が見られなかった場合は、プレゼント進呈の対象外となります。
  • Vポイントの進呈、またはポイント交換のお手続にはSMBCポイントパック契約が必要です。
  • 条件を満たしても、下記に該当する場合はプレゼント進呈の対象外となります。
    • プレゼント進呈のタイミングで口座やSMBCポイントパック契約を解約している場合
    • 廃止通知書を伴う開設およびNISAからつみたてNISAへ切り替える場合(SMBCダイレクトでお手続きしていただくことが出来ないため)
    • つみたてNISAお申込後、引落実績があっても、プレゼント進呈までの間に否認・中止が確認された場合。(ただし、プレゼント進呈後に否認・中止が確認された場合には、ポイントを減算するような措置は行いません。)
    • エントリー時にご入力いただいた、氏名・生年月日・電話番号と、三井住友銀行にお届けいただいている情報が異なる場合
  • エントリー内容を確認・変更したい場合は、お手数ですが再度エントリーをやり直してください。
  • 普通預金口座開設から1ヵ月以上経過した場合には、1,000ポイント進呈(別プラン)の対象となります。普通預金口座開設から1ヵ月以上経過した方向けのサイトはこちら
  • 元々普通預金をお持ちの支店で新しく普通預金を開設した場合には、元々お持ちいただいていた普通預金の口座開設日で判定いたします。1ヵ月以上経過している場合には、1,000ポイント進呈(別プラン)の対象となります。
  • エントリー内容やお申込内容等に誤りや不備がある場合は、対象期間内に手続が終了しない等の可能性があり、その場合は本プランの対象外となります。
  • プレゼントの進呈はお客さまお一人につき1回限りとなります。
  • 投信口座は一人で複数開設することはできません。
  • 当行が実施している他のキャンペーンとは併用できない場合があります。
  • プレゼントの進呈は初回引落日の月末頃を予定していますが、諸事情によって遅れる場合があります。
  • 本プランは今後予告なく内容を変更、または取扱を中止することがあります。また、その場合であってもご購入商品の取消等には応じられません。
  • 不正が発覚した場合は、プレゼントを無効化する等の対応を取る場合がございます。
  • 本プランに関連して応募者、その他第三者に発生した損害等について、当行は一切責任を負いません。
  • 三井住友銀行では、不正利用される口座の開設を未然に防止するため、場合によっては口座の開設をお断りすることがあります。

2022年7月1日 現在