しっかり考えよう、
セカンドライフのためのマネープラン

緑川 恵輔さん(仮名)の
退職金を
活用したマネープラン

緑川さんの退職金を活用したマネープラン

※写真はイメージです

情報サービス事業会社を今年の誕生日で退職した緑川さん。
子どもたちは独立しており、
今は妻と夫婦水いらずで生活中。

緑川さんの退職金を活用したマネープラン

※写真はイメージです

現役時年収 820万円

  • 年齢

    60歳

    退職金受取額

    3,000万円

  • 家族構成

    妻、娘2人

    退職前の貯蓄

    1,800万円

  • 退職前の職場

    情報サービス会社

    退職時の住宅ローン残高

    273万円

  • 今後の大きな出費予定

    リフォーム:700万円
    娘たちの結婚費用支援:300万円

緑川さんのポートフォリオ

総金融資産

4,500万円
(住宅ローンは退職金で完済)

普通預金

1,500万円

ファンドラップ

500万円

定期預金

1,000万円

個人年金

1,500万円

65歳から受取開始
(10年確定年金)

65歳から受取開始
(終身年金)

緑川さんのポートフォリオ

緑川さんのポートフォリオ

緑川さんの貯蓄額推移

緑川さんの貯蓄額推移 緑川さんの貯蓄額推移

退職後の貯蓄を始めたのはちょうど50歳になったとき。

子どもが大学を卒業するまでは、教育費と住宅ローンで貯蓄に回す余裕がなかったが、長女の独立を機に本格的に退職後に向けた貯蓄を開始。60歳までに1,500万円貯めること目標に、月10万ずつの積立をはじめ、ボーナスの一部を貯蓄に回した。

住宅ローンの繰り上げ返済

次女が大学を卒業し、教育費の負担が軽くなったことから目標としていた貯蓄額にある程度目途がついた。退職前にできるだけ住宅ローンを返しておきたいとの考えから、2回に分けて住宅ローンを一部繰上返済した。

55歳で個人年金保険に加入

55歳になった時に、会社の同僚に勧められて個人年金保険に加入。できるだけ元気なうちに使っていきたいと65歳から75歳まで受け取れるプランを選んだ。

緑川さんの貯蓄額推移 緑川さんの貯蓄額推移

65歳までは今の会社で継続勤務

65歳になるまでは会社の再雇用制度を利用し、働く予定だ。給料は大きく下がったが、年金が受け取れるまで貯蓄を切り崩していくのはさすがに抵抗があるし、何よりまだ仕事がなければ時間を持て余してしまいそうだ。

趣味は国内旅行で全国踏破!

妻とは結婚前から全都道府県に訪れることを目標に各地を旅行してきた。全国踏破まであと12県。 退職祝いに娘たちが温泉旅行をプレゼントしてくれるらしい。久しぶりの親子4人での旅行が今から楽しみだ。

物価の上昇から資産を
守るための運用。
大切な資産だから王道の
分散投資で。

殖やす・守る

ファンドラップー安定型

退職金で受け取ったお金のうち、当面使う予定のない分は、インフレにより資産の目減りを防止するために、ファンドラップへ。
運用をプロに任すことができるので、長期でじっくりと運用する予定だ。

ファンドラップを調べる

公的年金で足りない部分は、じぶんで作る「個人年金」

使う

個人年金

子どもたちが独立し、少しずつ生活費は節約するように心がけたが、やはり公的年金だけでは足りない。公的年金の足しになればと思い、退職金の一部を使い、一生涯年金を受け取れるタイプの個人年金に加入。
また、元気なうちに多めに使っていきたいので、65歳から75歳の間に受け取れる10年確定の個人年金にも加入した。定期預金を切り崩すのは抵抗があるけど、個人年金なら毎回受け取った分を使えるので安心している。

個人年金を見る

公的年金の受取額を試算してみる

マネープランを銀行で相談する