1. ホーム
  2. 投資信託
  3. 投資信託のギモン解決集
  4. 投資信託の一括投資と積立投資の違いは?

投資信託の一括投資と積立投資の違いは?

投資信託のご購入にあたっては、2通りの買い方から自分に合った方法をお選びいただけます。

買い方の違い

一括投資と積立投資の購入方法の違いは、一度のタイミングでまとまった金額で購入する(一括投資)か、定期的に一定金額で購入する(積立投資)かです。

値動きの違い

一括投資と積立投資では、運用額の値動きが異なります。

一括投資した場合の値動き例

投資信託の価格

一括投資の場合、購入時点の価格よりも、ファンドの基準価額が上昇すれば、資産総額もその分上昇します。しかし、基準価額が下落すると、資産総額もその分だけ下落します。

運用初期段階から、高額の資産を運用するため、積立投資に比べて値動きが大きくなる傾向にあります。

高い収益を狙うことも可能ですが、大きな下落の可能性もある、ハイリスクハイリターンの投資方法です。

積立投資した場合の値動き例

投資成績(組み立て投資の運用額)

積立投資の場合、一括投資に比べ、一回の購入額が少額なため、基準価額の下落による資産総額への影響を小さくすることができます。
積立初期段階は、投資資産額が少額なため、価格変動の影響は少ないですが、投資期間の後半になり、資産総額が高額になるにつれて、値動きが大きくなります。

一括投資よりも、安定的に運用できることが特徴ですが、価格上昇の恩恵は一括投資に比べて少なくなる、ローリスクローリターンの投資方法です。

メリット・デメリット

一括投資のメリット・デメリット

メリット
  • 短期間で大きなリターンを狙える
  • 評価益の変動幅が相対的に大きい
デメリット
  • 投資タイミングが運用成果に左右
  • 評価損の変動幅が相対的に大きい

積立投資のメリット・デメリット

メリット
  • 投資タイミングを分散することで、運用成果がタイミングに左右されにくい
  • 評価損の変動幅が相対的に小さい
デメリット
  • 短期間で大きなリターンを出すのは難しい
  • 評価益での変動幅が相対的に小さい

自分にあう購入方法は?

どのように資産運用を行っていきたいかによって、おすすめの購入方法が異なります。自分にあう方法をしっかりと理解してから、購入しましょう。

一括投資がおすすめな方(一例)

  • まとまった資金をもとに、短期間で大きなリターンを狙いたい方
  • リスクを許容した運用が可能な方

積立投資がおすすめな方(一例)

  • 長い時間をかけて、安定的に運用を行いたい方
  • 一度に多額の資金を用意することが難しい方

関連するギモン

A

ドル・コスト平均法とは、価格が変動する商品について、常に一定の金額で、定期的に購入していく方法です(投信自動積立もこの方法のひとつです)。

A

投資に興味はあるけど、いつはじめればいいのか、どんなタイミングではじめるべきなのか、はじめ時について考えていきましょう。

A

投資信託はファンドによって投資対象や投資地域が異なるため、リスクリターンが大きく異なります。購入前には、まずは投資目的を考えながら、自身に合ったファンドを検討してみましょう。

投資信託のはじめかたは?

投資信託のお取引には三井住友銀行の普通預金口座のほかに「投資信託口座」が必要です。

投資信託のお取引までの主な流れ
Step1投資信託口座を開設する Step2ファンドを探す Step3ファンドを購入する
SMBCダイレクト(インターネットバンキング)でのお取引はこちら
ログイン