新規取扱ファンド

戻る

三井住友銀行の新規取扱ファンドをご紹介します。

新規取扱ファンド一覧


SMBC・アムンディ クライメート・アクション

2019年5月27日(月)より取扱開始NEW!
運用会社:アムンディ・ジャパン株式会社

  • 主に世界の気候変動対応に責任を持って取り組む企業の株式へ投資します。
  • 運用においては、CDP評価とESG評価に基づき、株価の上昇余地も考慮した銘柄選択を行います。
  • 実質組入外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行いません。

グローバル・フィンテック株式ファンド

2019年3月12日(火)より取扱開始
運用会社:日興アセットマネジメント株式会社

  • 世界の株式の中から主にフィンテック関連企業の株式などに投資します。
  • 個別銘柄の選定において、米国のアーク・インベストメント・マネジメント・エルエルシーの調査力を活用します。
  • 決算頻度や為替ヘッジの有無が異なる4ファンドからお選びいただけます。また、各ファンド間でスイッチングが可能です。

フューチャー・バイオテック

2019年3月12日(火)より取扱開始
運用会社:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

  • 主として、世界のバイオテクノロジーおよび医療機器関連企業の株式に投資します。
  • 実質的な運用はカンドリアム・ベルギー・エス・エーとフィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチ・カンパニーの2社が行います。
  • 実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。

モビリティ・イノベーション・ファンド

2019年3月12日(火)より取扱開始
運用会社:BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパン株式会社

  • マザーファンド受益証券への投資を通じて、主として、日本を含む世界の金融商品取引所等に上場している自動車関連企業の株式に投資することで、信託財産の中長期的な成長を目指します。
  • 原則として実質組入外貨建資産について、対円での為替ヘッジを行いません。

ダブル・ブレイン

2018年10月29日(月)より取扱開始
運用会社:野村アセットマネジメント株式会社

  • 外国投資証券等への投資を通じて、世界各国(新興国含みます。)の株式、債券等を実質的な主要投資対象とし、株式、債券、商品等に関連するデリバティブ取引、為替予約取引等を実質的な主要取引対象とします。
  • 実質的な通貨配分にかかわらず、原則として対ドルで円ヘッジを行います。

関連情報

マーケット情報
マーケット情報
主要株価指数、外国為替、国債利回り、金・原油等のマーケット情報が確認できます。
用語集
難しい投資信託用語をわかりやすく解説します。
よくあるご質問
投資信託に関する質問はこちら。

投資信託のご相談・お申込

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)でのお手続はこちらから

インターネットバンキング
ログイン

ご相談・お申込はこちらから

投資信託の
ご相談・お申込

SMBCダイレクト ライトではご利用いただけません。
SMBCダイレクトのすべてのサービスを利用可能にするため、パスワードカードの発行が必要となります。

パスワードカード(スマホアプリ版)のダウンロードはこちら

パスワードカードの発行はこちら

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-56-3143
(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:毎日9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます)

[海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料)
東京:03-5745-5051 大阪:06-6258-0012

ネット専用ファンドについて、ご不明な点がございましたら、下記にてご案内しております各運用会社のコールセンターへご照会ください。

ネット専用ファンドご照会先はこちら

投資信託に関する留意点開く
毎月分配型投資信託の留意点開く
通貨選択型投資信託の留意点開く