SMBCダイレクトへのログインや電話番号の入力を求める不審なサイトへ誘導するショートメッセージ(SMS)やメールにご注意ください

戻る

  • 盗難カード/盗難通帳
  • インターネット
  • 振り込め詐欺
  • その他

このようなケースが発生しています。

SMBCダイレクトのログイン画面に似せたURLにアクセスさせ、ログインや本人確認情報の入力を誘導する不審なショートメッセージ(SMS)やメールが確認されています。
銀行の口座番号や暗証番号、本人確認情報が第三者に知られると、インターネットバンキングで不正出金される被害につながる恐れがありますので、十分ご注意ください。

手口の特徴

  • 当行や携帯電話会社等の他社を騙ってURLにアクセスさせるショートメッセージ(SMS)やメールを送る。
    例)お客様の【三井住友銀行の口座】セキュリティ強化、カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定:http://xxxx.xx
  • 他社を騙っている場合、その会社の偽サイトを表示し、本人確認を詐称して当行を含む金融機関を選択させる。
  • 当行を騙ってSMBCダイレクトのログイン画面に似せた画面を表示し、口座番号や第一暗証を入力させる。
  • 本人確認と詐称し、電話番号等の本人確認情報を入力させる。
  • 入手した口座番号や第一暗証、電話番号等の本人確認情報を使用し、不正送金する。
  • 不審な電子メール、ショートメールの例


    不審な電子メール/ショートメールの例
    • 電子メールに書かれたアドレスが正しくみえても、実際にリンクをクリックしてアクセスするアドレスが違う場合もあります。ご注意ください。


    フィッシングメールによる不正送金への対策

被害に遭わないためには

【対策1】ログインの誘導に気をつける

  • ショートメッセージでSMBCダイレクトのログインを誘導することはありません。
  • 本人確認のためにパスワードカード有効化手続きに誘導することはありません。

【対策2】メールに記載のリンク先に情報を入力しない

  • 三井住友銀行を偽るメールのリンク先に口座番号、第一暗証番号、ワンタイムパスワード等を入力しないでください。

【対策3】必ずURLを確認する

  • SMBCダイレクトのログイン画面のURLは以下の通りです。
    • 正しいURL
      ○ https://direct.smbc.co.jp/***
      ○ https://direct3.smbc.co.jp/***
      ○ https://mb.smbc.co.jp/***
    • フィッシング詐欺のURL ※
      × https://direct3-smbc.net/
      × https://smbcbank.net/
      × http://www.smbc●●●●.com/
      × https://smbc●●●●.com/
      × https://csmb-●●.jp/
      × https://scmb●●.jp/
  • 不審に思われた際は、すぐに最寄の警察やお取引店にご相談ください。

お知らせ

フィッシング詐欺等の被害防止の観点から、弊行ではお客さまの振込をモニタリングしております。
また、不正送金被害にともなうセキュリティ強化のため、以下の対策を実施します。

  • 2019年10月2日
    パスワードカードを利用登録(有効化)いただく際の自動コールバックの時間を7:00〜21:00とします。
  • 2019年10月3日、10月8日
    一部のお客さまについて、1日あたりの振込上限金額を一律50万円に引き下げします。
    くわしくはこちら
  • 2019年10月9日
    振込先口座の新規登録、変更、削除および電話番号の追加、変更のお手続を停止します。
    くわしくはこちら
  • 2019年11月7日
    振込内容によっては、お振込先への入金に、数分から数十分程度、お時間をいただきます。
    くわしくはこちら

SMBCダイレクトのセキュリティに関するお問い合わせ先

【SMBCダイレクトの利用停止・お問い合わせ】

  • 利用停止登録・お問い合わせ先

フリーダイヤル 0120-56-3143
(通話料無料)

毎日9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日を除く)

[海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料)
 東京:03-5745-5051 大阪:06-6258-0012