新規取扱ファンド

戻る

三井住友銀行の新規取扱ファンドをご紹介します。

新規取扱ファンド一覧


SMBC・アムンディ プロテクトファンド 米ドルステップ201809

2018年7月26日(木)より取扱開始NEW!
運用会社:アムンディ・ルクセンブルク・エス・エー

  • 世界の株式、債券および短期金融資産等のさまざまな資産に実質的に投資し、資産配分を機動的に変更することにより、ファンドの満期日の受益証券1口当たり純資産価格が、満期時におけるプロテクト価額を上回るように運用しつつ、安定的な収益の獲得を目指します。
  • 設定から6年後の満期日(2024年9月13日)には、米ドル建の当初募集価格(1口当たり100米ドル)の100%以上を確保します。
  • 満期日の受益証券1口当たり純資産価格が、満期時におけるプロテクト価額を下回らないように、ファンドのための契約(保証契約)を管理会社と保証銀行との間で締結します。
    ※満期時におけるプロテクト価額は満期日(2024年9月13日)にのみ確保され、途中換金の場合には確保されません。またファンドは米ドル建てのため、円から投資する場合には為替変動により、円換算ベースで投資元本を割り込む可能性があります。

世界インパクト投資ファンド(愛称:Better World)

2018年6月19日(火)より取扱開始
運用会社:大和住銀投信投資顧問株式会社

  • 主に世界の株式の中から社会的な課題の解決にあたる革新的な技術やビジネスモデルを有する企業に実質的に投資を行います。
  • 実質組入外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。
  • 実質的な運用は、ウエリントン・マネージメント・カンパニー・エルエルピーが行います。
  • 「世界インパクト投資ファンド」と「世界インパクト投資ファンド(資産成長型)」の間でスイッチングが可能です。

ライフ・ジャーニー(愛称:最高の人生の描き方)

2018年5月8日(火)より取扱開始
運用会社:三井住友アセットマネジメント株式会社

  • 投資信託証券への投資を通じて、世界各国の株式、債券および不動産投資信託(リート)等に分散投資します。
  • 「退職世代(年金世代)とその準備世代」の様々な資産活用ニーズに対応します。資産成長と資金払出しの割合の違いによる、3つのコースからご選択いただけます。また、各コース間でスイッチングが可能です。
  • 中長期的な目標リターンとして短期金利相当分+年3%(信託報酬および運用報酬等控除後)程度を目指して資産配分を行います。
  • 実質的な運用は、運用資産残高で世界最大級の運用会社であるブラックロックが行います。

関連情報

マーケット情報
マーケット情報
主要株価指数、外国為替、国債利回り、金・原油等のマーケット情報が確認できます。
用語集
難しい投資信託用語をわかりやすく解説します。
よくあるご質問
投資信託に関する質問はこちら。

投資信託のご相談・お申込

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)でのお手続はこちらから

インターネットバンキング
ログイン

ご相談・お申込はこちらから

投資信託の
ご相談・お申込

SMBCダイレクト ライトではご利用いただけません。
SMBCダイレクトのすべてのサービスを利用可能にするため、パスワードカードの発行が必要となります。

パスワードカード(スマホアプリ版)のダウンロードはこちら

パスワードカードの発行はこちら

お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-56-3143
(通話料無料)

携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
受付時間:毎日9:00〜21:00(1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます)

[海外からの通話等フリーダイヤルをご利用いただけない場合](通話料有料)
東京:03-5745-5051 大阪:06-6258-0012

ネット専用ファンドについて、ご不明な点がございましたら、下記にてご案内しております各運用会社のコールセンターへご照会ください。

ネット専用ファンドご照会先はこちら

投資信託に関する留意点開く
毎月分配型投資信託の留意点開く
通貨選択型投資信託の留意点開く