1. ホーム
  2. カードローン
  3. はじめての方へ
  4. 知って納得カードローンの基礎知識
  5. 無担保ローンとは?特徴やメリット、注意点をわかりやすく解説

無担保ローンとは?特徴やメリット、注意点をわかりやすく解説

カードローンや住宅ローンといった個人向けローン商品は、担保の有無という観点で2種類に分類ができます。担保を必要とせずに利用できる「無担保ローン」は、担保を必要とする「有担保ローン」と比較して、審査回答までの時間が短いなどの特徴を持っています。しかし、有担保ローンよりも高めの金利が設定される傾向にあります。

本記事では、「担保」とはどのようなものかを説明するとともに、無担保ローン商品が持つメリット・注意点などをご紹介していきます。有担保ローンと無担保ローンの違いを知りたいという方は、ぜひ本記事をご一読ください。

無担保ローンとは「担保なし」で利用できるローン商品

「無担保ローン」とは担保なしで利用できるローン商品のことを指します。

「担保」とは返済が困難になった場合に備えて、融資を受ける際にあらかじめ債務者(融資を受ける側)が債権者(融資をする側)に差し出すモノや権利のことです。債務者の返済が滞ったとき、債権者は担保を使って融資した資金の回収をおこないます。担保には、住宅や宝飾品などの品物、また、土地や債権などの権利を用いることが一般的で、これを「物的担保」といいます。

こうした担保を必要とせずに利用できる無担保ローンには、フリーローンやカードローンなど複数の種類があります。フリーローンとは契約時にまとまった資金の融資を受け、定期的に返済していくローン商品です。一方、カードローンとは契約時に利用限度額を決め、利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れができるローン商品のことを指します。

それぞれのローン商品には有担保・無担保であるかという点のほかにもさまざまな特徴があり、自身がお金を必要とするタイミング、金額などに応じて適切なローン商品へ申し込むことが大切です。

検討しているローン商品が無担保か有担保かを確認したい際には、商品概要を見てみましょう。担保が必要かどうか、必要な場合にはどのような種類の担保が必要なのかといった情報が記載されています。

無担保ローンは保証人も不要である商品が多い

担保に設定できるのはモノや権利だけではありません。債務者が返済できなかった場合に第三者が債務を負う「人的担保」を設ける契約も存在します。この場合、人的担保となる第三者は「保証人」や「連帯保証人」と呼ばれます。

無担保ローンは、こうした人的担保(保証人)も不要である商品が多いです。たとえば無担保ローンである三井住友銀行のカードローンの商品詳細ページには、利用にあたって担保および人的担保(保証人)も不要であることが明記されています。

無担保ローンの持つ2つのメリット

無担保ローンには2つのメリットがあります。それぞれのメリットについて、くわしく解説します。

<無担保ローンが持つ2つのメリット>

  • (1)有担保ローンよりも審査時間が早い傾向にある
  • (2)WEB完結申込にも対応している

(1)有担保ローンよりも審査時間が早い傾向にある

有担保ローンでは、申込内容を確認する審査工程に加え、担保の審査も必要です。また保証人を必要とするローンの場合は、保証人の審査も必要となります。

しかし、無担保ローンでは担保なしで利用できるため、担保の審査工程そのものを省くことができ、有担保ローンと比較して審査回答時間が早い傾向にあります。

たとえば三井住友銀行のカードローンでは、最短で翌営業日に審査回答の連絡を受けることができます。急な出費に対応したい際には、有担保ローンと比較して回答スピードが早い傾向にある無担保ローンがおすすめです。

(2)WEB完結申込にも対応している

無担保ローンの一種であるカードローンのなかには、担保の審査が不要である点を活かし、申込から契約、借り入れまでの手続をすべてインターネット上でおこなうことのできる商品があります。

たとえば、三井住友銀行のカードローンは24時間いつでもインターネットから申し込むことができます。必要書類はスマートフォンから提出できるので、外出先からでも問題ありません。また、郵送での提出と比べて短い時間で審査回答を得ることができます。

なお、三井住友銀行のカードローンを上記のような申込から借り入れまでの手続をすべてインターネット上でできるのは、すでに三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方のみとなっています。

三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちでない方でも、申込から契約までの手続をWEBでおこなうことはできますが、ローン専用カードをローン契約機(ACM)もしくは郵送で受け取る必要があります。
なお、契約後の借り入れに関しては、三井住友銀行の口座を持っていない場合でもATMでの現金出金や「SMBCダイレクトでの借入(指定口座へ振込)」(※1)を使うことでWebサイトから手数料無料で他金融機関のご自身の口座へお振込によるお借り入れが可能です。「SMBCダイレクトでの借入(指定口座へ振込)」(※1)を使う際には振込先となる口座の事前登録が必要になりますので、借入前に手続を済ませておきましょう。登録できる口座は1口座のみ、また、カードローンの契約者と同一名義の口座に限ります。

  • ※1ご利用にあたっては、お電話・ローン契約機(ACM)でのお申込が必要です。

無担保ローンの注意点

担保を設定せずにご利用いただける無担保ローンはメリットもありますが、注意すべき点もあります。ここからは無担保ローンの注意点について説明していきます。

有担保ローンよりも金利が高め

万が一、契約者が返済できない場合、有担保ローンではあらかじめ設定した担保を使って融資した資金の回収をおこないます。一方、無担保ローンでは担保がないため担保による融資した資金の回収はできません。そのため、無担保ローンは有担保ローンと比較して、金利が高めに設定されている傾向にあります。

金利が高めに設定されると、その分発生する利息金額が増え返済総額も大きくなります。無担保ローンに申し込む際には、金融機関が提供する「返済シミュレーション」などを利用し、返済総額や返済期間を確認しておくことが大切です。無理のない範囲での借り入れ・返済を心掛けましょう。

無担保ローンは無理のない範囲で利用しましょう

担保を設定しない無担保ローンには、カードローンやフリーローンなど複数の商品があります。無担保ローンは担保の審査がないことから審査スピードに優れているほか、WEB完結に対応しているなど、複数のメリットがあります。

一方で、有担保ローンと比較すると金利が高めに設定されている傾向にあるといった注意点も存在します。申込の際には、自身の返済計画や収支、毎月の返済額はどの程度なら無理なく支払えるのかなどを確認し、計画的な借り入れをおこないましょう。

次の記事:フリーローンとはどんなローン商品? 特徴やカードローンとの違いを解説

前の記事:個人事業主向けの融資制度・補助金制度などをご紹介!カードローンによる事業資金の借り入れについても解説

知って納得カードローンの基礎知識 記事一覧

インターネットでの
新規お申込

インターネットで
24時間いつでも審査お申込可能!
普通預金口座をお持ちの方はお手元の
キャッシュカードでお借り入れできます。

お電話でも
お申込をお受けしております

三井住友銀行カードローンプラザ0120-923-923

受付時間:毎日9:00〜21:00(12月31日〜1月3日は除きます)