1. ホーム
  2. カードローン
  3. はじめての方へ
  4. 知って納得カードローンの基礎知識
  5. ノンバンクとは?ローン商品の特徴や銀行との違いについて解説

ノンバンクとは?
ローン商品の特徴や銀行との違いについて解説

「ノンバンク」という言葉をご存知でしょうか。その名の通り「バンク(銀行)」ではない金融機関を指しますが、具体的にはどのような業務をメインとした金融機関なのか。また、銀行とノンバンクが提供する「カードローン」には一体どのような違いがあるのか。本記事では「ノンバンク」と「銀行」、ふたつの金融機関の業務内容を紹介しながらノンバンクの解説をしていきます。

また、個人向けのローン商品としてノンバンクと銀行の一部で提供されているカードローンについて、提供する金融機関が異なることによってどのような違いがあるのかについてもご紹介します。カードローンの借入先を検討される際には、ぜひ参考にしてください。

ノンバンクの概要について

ノンバンクとは、「預金などを受け入れないで与信業務を営む企業」を指す言葉として使われます。企業や個人にお金を貸し付ける等「信用を供与する業務」である与信業務も金融関連の業務のため、ノンバンクとは「与信業務に特化した金融機関」「与信業務はおこなうが預金業務はおこなわない金融機関」と言い換えることもできるでしょう。

たとえば、銀行や信用金庫は顧客のお金を預かる預金業務もおこなっているので、ノンバンクではありません。金融機関をノンバンクとそれ以外に分類すると、以下のようになります。

ノンバンク ノンバンク以外の金融機関
  • 消費者金融
  • クレジットカード会社
  • 信販会社
  • 事業金融会社
  • 抵当証券会社
  • リース会社 等
  • 銀行
  • 信用金庫
  • 信用組合
  • 証券会社
  • 労働金庫
  • 農業協同組合 等

ノンバンクと銀行のカードローンを3つの項目で比較

ノンバンク・銀行を問わず、一部の金融機関では個人向けのローン商品としてカードローンを提供しています。契約時に利用限度額を設定して、利用限度額の範囲内なら自由に借り入れできるという点はノンバンクと銀行のカードローンに違いはありませんが、そのほかの特徴で大きな違いがあります。それぞれのカードローンが持つ特徴を「金利」「ATM」「ローン契約機」3つの項目に注目して解説します。

金利について

カードローンの金利は、年〇%〜〇%と幅があります。このうち小さいほうの数字を「下限金利」と呼び、大きいほうの数字を「上限金利」と呼びます。

返済遅延等のケースをのぞき、カードローンの利用時には上限金利を超える金利が適用されることはありません。そのため、利息や返済額を計算する際には上限金利を用いることで「最大返済総額」や「利息額の最大値」を把握できます。

カードローンを利用する際に注目すべき項目のひとつである金利。下限金利はノンバンク・銀行を問わず年3.0%〜4.5%ほどに設定されています。一方、上限金利はノンバンクが一般的に年17.0〜18.0%以下で設定されているのに対し、銀行は一般的に年13.0〜15.0%以下に設定されており、銀行カードローンによる借り入れのほうが、利息額を抑えられる傾向にあります。

ATMについて

ノンバンクと銀行のカードローンでは、自社ATMに加えて提携金融機関ATM・コンビニATMといった「提携ATM」での借り入れ・返済サービスを展開しています。提携ATMでのサービス内容を比較すると、銀行のほうが手数料無料で利用できるATMの種類が多い傾向にあります。

たとえば三井住友銀行のカードローンでは、イーネットATM、ローソン銀行ATM、セブン銀行ATMといった提携コンビニATMに加え、ゆうちょATM等の提携金融機関でのATMでも手数料無料で借り入れ・返済が可能です。(※2)

一方、一般的なノンバンクが提供するカードローンの場合、提携コンビニATMや提携金融機関でのATMで借り入れ・返済をおこなう際には手数料が必要となる傾向にあります。

対応ATM 三井住友銀行の
カードローン
一般的なノンバンクが
提供するカードローン
三井住友銀行ATM 手数料無料 110円〜220円
提携コンビニATM(※1) 手数料無料 110円〜220円
ゆうちょATM 手数料無料(※2) 110円〜220円
  • ※1イーネットATM、ローソン銀行ATM、セブン銀行ATMで取引が可能です。
  • ※2ローン専用カードでのご利用のみ可能です。

ローン契約機について

カードローンの特徴的なサービスのひとつが、無人契約機とも呼ばれる「ローン契約機」です。

ローン契約機は個室になっていることが多く、プライバシーを保ちつつカードローンの契約手続を進めることができます。ローン契約機を利用すれば、周囲の目を気にせず申し込めるほか、契約機を通して申込に必要な書類を提出したり、オペレーターに相談しながら申込、契約手続を進めたりすることができます。

ノンバンクが中心となって設置を進めているローン契約機ですが、三井住友銀行等一部の銀行でもローン契約機が採用されています。銀行のローン契約機は銀行のATMコーナーや店舗内に設置されているので、日常的に利用する銀行の店舗でカードローンの契約をおこなえます。

また、ローン契約機が設置されている店舗内にはATMも設置されているので、カード発行等の契約手続が完了次第、ATMからの借り入れも可能です。キャッシュカードを利用した預金の引き出しと同じ場所でカードローンの借り入れ・返済をおこなえます。

このように、銀行という日常的に利用されている場所で契約手続や借り入れをおこなえる点は、銀行のカードローンが持つメリットのひとつといえます。

ノンバンクと銀行、どちらから借り入れるべき?

ノンバンクのカードローンと、銀行等のノンバンク以外のカードローンとは、それぞれ異なる特徴を持つため、どちらがよいとは一概に言えません。

たとえば、長期的、複数回にわたって借り入れをおこなう予定がある場合には、金利が低めに設定されている銀行カードローンで借り入れるほうが、総返済額を抑えて借りることができるかもしれません。

コンビニや銀行等街中のATMを利用して返済したい方も、手数料無料で利用できる提携ATMが多い銀行カードローンを使うことで、コストを抑えつつ便利に返済ができるでしょう。

一方、給料日直前にお金が足りなくなったとき等、短期間かつ少額の出費をカバーしたい場合には、無利息期間を設定しているノンバンクのカードローンを利用すれば返済総額を抑えた借り入れも可能です。

ノンバンクと銀行の特徴を把握したうえでカードローンを選ぼう

ノンバンクとは預金業務をおこなわないで与信業務をおこなう金融機関です。一方、ノンバンク以外の金融機関とは、預金業務をおこなう銀行や証券会社等を指します。

ノンバンクと銀行では、業務内容だけでなく提供している商品にも違いが見られます。たとえばノンバンクのカードローンと銀行カードローンの一般的な金利を比較すると、銀行カードローンのほうが上限金利を低めに設定している傾向にあります。

ノンバンクとは何か、また、ノンバンクのカードローンと銀行カードローンとは何が違うかを把握することは、どのカードローンへ申し込むかを検討する際に役立ちます。それぞれの違いを把握した上で、ご自身の状況や目的に適したカードローンを選ぶようにしましょう。

前の記事:おまとめローンをわかりやすく解説!カードローンでまとめる場合のメリットもご紹介

知って納得カードローンの基礎知識 記事一覧

インターネットでの
新規お申込

インターネットで
24時間いつでも審査お申込可能!
普通預金口座をお持ちの方はお手元の
キャッシュカードでお借り入れできます。

お電話でも
お申込をお受けしております

三井住友銀行カードローンプラザ0120-923-923

受付時間:毎日9:00〜21:00(12月31日〜1月3日は除きます)