SBI証券連携サービス

SMBC 三井住友銀行×SBI証券

SBI証券の口座を三井住友銀行アプリ内で連携していただくと、三井住友銀行アプリでSBI証券の口座残高・損益状況の確認、
SBI証券のかんたん投資サイトを通じた投資信託の取引ができるサービスです。

アプリで一括管理

SBI証券の投資信託に加え、現物株式や信用取引など、さまざまな商品の残高・損益状況を三井住友銀行アプリでご確認いただけます。
※三井住友銀行アプリに91日以上ログインしていない場合は、SBI証券口座連携が自動的に解除され、再度連携が必要となります。

連携の手順

SBI証券に遷移して
取引ができる

初回ログイン以降、三井住友銀行アプリからSBI証券かんたん投資サイトへのユーザーネーム、パスワード無しでログインできるようになります。
例えば、忙しくで時間がないときでも、銀行の残高を確認しながらスムーズに投資信託の取引が可能!
※初回利用時はSBI証券のユーザーネームとパスワードによる認証が必要です。前回連携から60日経過すると連携が解除されるため、再度ログイン認証が必要です。

  • SBI証券のウェブサイトに遷移します。

三井住友銀行から
SBI証券の口座を開設するメリット

メリット1
NISAも対応!
クレカ積立で最大5還元
毎月100円から投資が可能!クレカ積立額に応じて、最大5%のVポイントが貯まります。NISAにも対応!

※クレカ積立のサービス内容を改定いたします。
詳細の内容やスケジュールは三井住友カードのホームページ新規ウィンドウでページを開きますをご確認ください。

※条件は予告なく変更となる場合がございます。最新の情報は三井住友カードホームページをご確認ください。

メリット2
取引に応じて
Vポイントが貯まる
(SBI証券Vポイントサービス)
SBI証券でのお取引や投資信託の残高に応じて、Vポイントが貯まる!さらに、三井住友銀行・三井住友カード仲介口座を保有の方限定でVポイントがもらえる特典も!

SBI証券Vポイントサービスは
こちら新規ウィンドウでページを開きます

※SBI証券のウェブサイトに遷移します。

メリット3
Vポイントアップ
プログラムで最大+2
SBI証券のさまざまなお取引で、対象のコンビニ・飲食店でのクレカご利用時にポイント付与率アップ!
メリット4
Vポイント投資
できる
貯まったVポイントを使って投資信託や国内株式が買える!現金を使わずに気軽に投資デビュー!
  • SBI証券Vポイントサービスで使えるVポイントが「青と黄色のVポイント」へリニューアルいたしました。
    統合前のVポイントは2024年9月集計(10月付与分)をもって付与停止を予定しております。2024年11月以降の付与分を「青と黄色のVポイント」でお受け取りいただくためには、2024年11月9日23時59分までにSBI証券のウェブサイトにてメインポイントの切替をお願いいたします。
    くわしくはこちら新規ウィンドウでページを開きますをご確認ください。
    • SBI証券のウェブサイトに遷移します。

SBI証券の口座連携手順・かんたん投資サイトログイン手順

  • 1「SBI証券と連携」をタップ
  • 2各種同意を確認し、「同意する」をタップ
  • 3SBI証券のユーザーネーム、パスワードを入力し「連携する」をタップ

よくあるご質問

三井住友銀行が提供する金融商品仲介サービスの紹介はこちら

くわしくみる

既に持っているSBI証券口座を、三井住友銀行の仲介コースに変更したい方はこちら

くわしくみる
アプリひとつで、
お取り引き、ご相談も
三井住友銀行アプリへの二次元コード

二次元コードから今すぐダウンロード

  • 三井住友銀行は、SBI証券を委託金融商品取引業者として、証券口座の開設、及び有価証券の売買の媒介等を金融商品仲介業務として行います。
  • 金融商品仲介業務でご案内する有価証券のご購入に際しては、SBI証券の証券総合口座の開設が必要になります。本口座は投資者保護基金の対象です。口座開設料・管理料は無料です。開設は当行がお取次ぎを行います。
  • 金融商品仲介における金融商品等は、預金ではなく預金保険制度の対象ではありません。また、当行が元本を保証する商品ではありません。
  • 当行において金融商品仲介取引をされるか否かが、お客さまと当行の預金・融資等他のお取引に影響を与えることはありません。また、当行での預金・融資等のお取引内容が金融商品仲介に影響を与えることはありません。
  • SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。当行の金融商品仲介業務を通して、お客さまがSBI証券の商品をお申込みの際には、最新の「目論見書」「販売説明書」「契約締結前書面」をSBI証券のウェブサイト等より必ずご確認いただき、ご自身の判断と責任において最終的な投資決定をしていただくようお願いします。
金融商品取引法等に係る表示新規ウィンドウでページを開きます
  • SBI証券のウェブサイトに遷移します。

<金融商品仲介業務を行う登録金融機関>
株式会社三井住友銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第54号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

<委託金融商品取引業者>
株式会社SBI証券 金融商品取引業者 商品先物取引業者 関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会

  • 当行は委託金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
  • 投資信託をご購入の際は、最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」を必ずご覧ください。これらは委託元金融商品取引業者であるSBI証券のWEBサイトにご用意しています。
  • 投資信託のご購入、換金にあたっては各種手数料等(購入時手数料、換金時手数料、信託財産留保額等)が必要です。また、これらの手数料等とは別に信託報酬と監査報酬、有価証券売買手数料等その他費用等を毎年、信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。
  • 投資信託のご購入、換金にあたって円貨から外貨または外貨から円貨へ転換の際は、為替手数料が上記の各種手数料等とは別にかかります。購入時と換金時の適用為替相場には差があるため、為替相場に変動がない場合でも、換金時の円貨額が購入時の円貨額を下回る場合があります。
  • これらの手数料等は各投資信託およびその通貨・購入金額等により異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。各投資信託の手数料等の詳細は、目論見書・販売用資料等でご確認ください。
  • 投資信託は、元本保証および利回り保証のいずれもありません。
  • 投資信託は国内外の株式や債券等へ投資しているため、投資対象の価格の変動、外国為替相場の変動等により投資した資産の価値が投資元本を割り込むリスクやその他のリスクは、投資信託をご購入のお客さまが負うことになります。
  • 外国投資信託のお取引にあたっては、外国証券取引口座の開設が必要です。
  • 投資信託は預金ではありません。
  • 投資信託は預金保険の対象ではありません。
  • 委託元金融商品取引業者で金融商品仲介にてご購入いただく投資信託は、投資者保護基金の対象です。
  • 投資信託の設定・運用は運用会社が行います。

次に掲げる事項は、それぞれ2024年以降のNISA(成長投資枠・つみたて投資枠)のことをいいます。

  • 配当金等は口座開設をした金融機関等経由で交付されないものは非課税となりません。
    NISAの口座で国内上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。
  • リスク及び手数料について
    SBI証券の取扱商品は、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法等に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。
  • 同一年において1人1口座(1金融機関)しか開設できません。
    NISAの口座開設は、金融機関を変更した場合を除き、1人につき1口座に限られ、複数の金融機関にはお申し込みいただけません。金融機関の変更により、複数の金融機関でNISA口座を開設されたことになる場合でも、各年において1つの口座でしかお取引いただけません。また、NISA口座内に保有されている商品を他の年分の勘定又は金融機関に移管することもできません。なお、金融機関を変更される年分の勘定にて、既に金融商品をお買付されていた場合、その年分について金融機関を変更することはできません。NISAの口座を仮開設して買い付けを行うことができますが、確認の結果、買付後に二重口座であったことが判明した場合、そのNISA口座で買い付けた上場株式等は当初から課税口座で買い付けたものとして取り扱うこととなり、買い付けた上場株式等から生じる譲渡益及び配当金等については、遡及して課税いたします。
  • NISAで購入できる商品はSBI証券が指定する商品に限られます。
    SBI証券における取扱商品は、成長投資枠・つみたて投資枠で異なります。成長投資枠の取扱商品は国内上場株式等(現物株式、ETF、REIT、ETN、単元未満株(S株)を含む※)、公募株式投資信託(※)、外国上場株式等(米国、香港、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア、海外ETF、REITを含む※)、つみたて投資枠の取扱商品は長期の積立・分散投資に適した一定の公募株式投資信託となります。取扱商品は今後変更する可能性があります。
    ※SBI証券が指定する制限銘柄(上場株式等)、デリバティブ取引を用いた一定の商品及び信託期間20年未満又は毎月分配型の商品は除きます。
  • 年間投資枠と非課税保有限度額が設定されます。
    年間投資枠は成長投資枠が240万円、つみたて投資枠が120万円までとなり、非課税保有限度額は成長投資枠とつみたて投資枠合わせて1,800万円、うち成長投資枠は1,200万円までとなります。非課税保有限度額は、NISA口座内上場株式等を売却した場合、売却した上場株式等が費消していた非課税保有限度額の分だけ減少し、その翌年以降の年間投資枠の範囲内で再利用することができます。
    投資信託における分配金のうち特別分配金(元本払戻金)は、非課税でありNISAにおいては制度上のメリットは享受できません。
  • 損失は税務上ないものとされます。
    NISAの口座で発生した損失は税務上ないものとされ、一般口座や特定口座での譲渡益・配当金等と損益通算はできず、繰越控除もできません。
  • 出国により非居住者に該当する場合、NISA口座で上場株式等の管理を行うことはできません。
    出国の際には、事前に当社に届出が必要です。出国により非居住者となる場合には、NISA口座が廃止され、当該口座に預りがある場合は、一般口座で管理させていただきます。なお、海外転勤の場合にNISAで継続保有することが可能な特例措置については当社では対応しておりません。
  • つみたて投資枠では積立による定期・継続的な買付しかできません。
    つみたて投資枠でのお取引は積立契約に基づく定期かつ継続的な方法による買付に限られます。
  • つみたて投資枠では信託報酬等の概算値が原則として年1回通知されます。
    つみたて投資枠で買付した投資信託の信託報酬等の概算値を原則として年1回通知いたします。
  • NISAでは基準経過日における氏名・住所の確認が求められます。
    NISAでは初めてつみたて投資枠を設定してから10年経過した日、及び以後5年を経過するごとに氏名・住所等の確認が必要となります。当社がお客さまの氏名・住所等が確認できない場合にはお取引ができなくなる場合もございますのでご注意ください。