1. ホーム
  2. 保険
  3. ライフイベントから検討する結婚編

ライフイベントから検討する
結婚編

結婚して家族を持つと、ご自身のことだけでなく、夫婦のことを考えた保険を検討する必要が出てきます。
結婚後も安心できる保険選びが大切です。

結婚後に必要な備え

結婚すると、支出が独身時代とは変わるため、住まいや生活にかかるお金について考える方も多いと思います。
保険についても、同様に必要な保障が変わってくるため、見直しや加入を検討するいい機会です。結婚後に想定されるリスクを把握し、それに対する必要な保障について確認しましょう。

  1. 現在保険に加入している方は結婚後の保障の過不足の見直しに合わせて、現在加入している保険の受取人や指定代理請求人も見直しておきましょう。

    現在保険に加入している方は結婚後の保障の過不足の見直しに合わせて、現在加入している保険の受取人や指定代理請求人も見直しておきましょう。

病気・ケガへの備え

ご本人さまが病気やケガで入院した場合の入院費・手術代ばかりでなく、入院中や療養中の働けない期間の配偶者さまの生活費等も考えておく必要があります。

病気・ケガへの備え

公的医療保険等の制度外の
自己負担部分の費用を準備する必要があります。

公的医療保険制度外の自己負担分として代表的なものに以下があります。病状や治療内容によっては、入院・通院が長引き経済的負担が大きくなることも。病気やケガは予測することができないからこそ、医療保険等に加入して備えておきましょう。

公的医療保険適用外の自己負担

公的医療保険制度対象外の

先進医療にかかわる費用

希望されて個室等に入院した場合の特別料金

差額ベッド代

その他の諸費用

・交通費 ・入院時の日用品 ・診断書取寄

入院1日あたりの自己負担額

平均23,300

  • 公益財団法人生命保険文化センター令和元年度「生活保障に関する調査」
    過去5年間に入院し、自己負担費用を支払った人をベースに集計。高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額。治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞に来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品などを含む。

年齢別平均在院日数

年齢別の入院日数は?

年齢が上がるにつれて、入院が長引く傾向があり、平均の入院日数は29.3日になっています。 入院が長引くにつれて必要な保障額が変わってくるので、将来のことを考えてどれだけの保障を用意すべきか検討する必要があります。

  • 退院患者平均在院日数:厚生労働省「平成29年患者調査」

がんの主な治療方法

方法01
手術療法

手術による部位の除去

方法02
化学療法

抗がん剤等による治療

方法03
放射線治療

光子線治療

癌細胞が残ってしまうリスクもある

先進医療

粒子線治療

正常な細胞への負担が少ない

  • 治療法や効果は個々の症状によって異なりますので、治療・診断にあたってはかかりつけの医師にご相談ください。

がんの主な治療方法は、上記の通りですが、粒子線治療は、放射線治療の一種で、身体への負担が少ない等のメリットがあります。
ただ、先進医療の治療費は公的な医療保険の対象外となるため、自己負担となると高額な医療費を支払わなければなりません。
先進医療の保障は治療の選択肢が複数ある場合において、医療保険の先進医療保障を備えておくことによって、高額な治療方法を選択することができます。

病気・ケガへの備えにはこちらの保険がおすすめ

医療保険

公的医療保険ではカバーできない
医療費に備える保険

がん保険

がんの治療に特化した保障で
必要な費用に備える保険

就業不能保険

病気やケガで働けなくなった時の
収入減に備える保険

万一への備え

結婚後はご本人さまだけでなく、ご家族のこれからのくらしについても、責任が生じます。
ご本人さまに万一のことがあっても遺された配偶者さまが生活に困らないよう、必要な死亡保障を準備しておきましょう。

老後資金への備え

世帯主がお亡くなりになったときの経済的備え

生活で必要と考える資金額

平均5,558万円

  • 必要資金の総額は、サンプルごとの総額(年間必要額×必要年数)の平均値として算出。
  • 公益財団法人生命保険文化センター 平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」

世帯主がお亡くなりになったときの収入と支出(4人家族の場合)

世規主がお志くなりになったときの収入と支出(4人家族の場合)

  • ※13人家族の生活費:総務省統計局 2018年「家計調査」に基づき当社にて作成(生活費約22.4万円には、住居・教育・教養娯楽費等は含まれていません。)
  • ※2遺族年金:平均標準報酬額35.0万円の場合の遺族基礎年金、遺族厚生年金の合計(中高齢寡婦加算は考慮していません)。本人は30歳、子どもは18歳未満と仮定。平均標準報酬額は、厚生労働省 平成30年「賃金構造基本統計調査」に基づき当社にて作成。

結婚後の家賃や生活費等すべての支出を給与収入でまかなえており、年間収支(収入ー支出)はプラスで貯蓄ができているご家庭のケースでも、万一のことがあると、生活は一変します。
世帯主がお亡くなりになった場合は、遺族年金だけでは、生涯で必要と考える資金額すべてを補うことは難しいため、不足分は保険で備える死亡保障額として確保しておく必要があります。

ご自身に万一の時があった際にご家族のくらしを守るには
こちらの保険がおすすめ

終身保険

保障が一生涯にわたって続き、
貯蓄の代わりとしても活用可能

定期保険

子育て等、特に保障を手厚くしておきたい期間に
手ごろな保険料で充実の保障

ライフイベントから
保障を選ぶ

保険のご相談は
三井住友銀行にお任せください

  • お電話でご相談
    専門の担当者がていねいにご案内いたします

    • 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
      受付時間:毎日9:00〜19:00(12月31日〜1月3日と5月3日〜5日は除きます。)
    • 保険の資料請求・お申込をするには三井住友銀行の預金口座が必要です。
  • お近くの店舗でもご相談できます
    ご予約いただくとスムーズにご案内できます

    • 土日・祝日や平日夜間も営業している店舗もございます。
      くわしくは休日営業店舗のページをご覧ください。
保険に関する留意点 保険に関する留意点