相続の相談は、いつもの銀行で。 遺言信託 遺産整理 相続の相談は、いつもの銀行で。 遺言信託 遺産整理

相続手続について知
りたい

相続対策として「遺
言信託」を検討したい

三井住友銀行の相続手続

STEP1お亡くなりになったご連絡をする

大切な方を亡くされたお客さまには、心からお悔やみ申し上げます。
まずは三井住友銀行にご連絡ください。

STEP2相続の流れを確認する・必要な書類を準備する

ご相続発生後の主な手続の流れは以下の通りです。

    1. 1お亡くなりになったご連絡
      (口座の入出金停止)
    1. 2必要書類のご準備
    1. 3必要書類のご提出
    1. 4払い戻し等のお手続

STEP3相続の基礎知識を確認する

相続について知っておきたい知識や情報をご紹介します。
おおよその知識・情報をご確認いただき、お手続の際の参考にしてください。

STEP4銀行に相談する

相続手続で、このようなお困りごとはありませんか?

ケース1

何から手をつければ
良いかわからない

ケース2

仕事等が多忙で
時間がとれない

ケース3

兄弟姉妹が遠方に
在住で簡単に会えない

ケース4

相続人が多いため、
書類の準備等手続が大変

上記のようなお悩みを抱えるお客さまの相続手続を、三井住友銀行はお手伝いいたします。

インターネットでお手続

PC・スマホを活用し、当行のサポートを受けながら
ご自分でお手続を進めたい方はこちら

相続手続らくらくサービスコラム コラムを読む

店舗でお手続

当行の専門スタッフに
手続をできるだけ任せたい方はこちら

三井住友銀行の遺言信託

世代を超えて・・・

お客さまが一生をかけて築いてこられた財産や、先代から引き継ぎ大切に守ってこられた財産も、やがては相続という形で、つぎの世代へ承継されていくこととなります。

遺された財産は、相続人のみなさまの話し合いによって円満に分け合い、その幸せに役立てていただきたいものです。しかし実際には、相続人のみなさまが納得する遺産分割を実現することは難しく、逆にトラブルとなることも少なからずあるようです。「遺言」があれば・・・と残念な思いをされた方も周りにいらっしゃるのではないでしょうか。

また、相続にかかわる協議や相続税の納付、各種遺産の名義変更手続等、相続人のみなさまのご負担も想像を超えるものがあるのも現実です。

遺言に託された思いは、大切なご家族への最後の思いやりです。

三井住友銀行では、お客さまのご意思を最大限に尊重し、円滑な相続を実現するため、遺言書の作成に関するご相談から、遺言書の保管、遺言の執行まで、世代を超えたパートナーとして、トータルにお手伝いさせていただきます。

このような方に遺言書の作成をおすすめします

  • 夫婦間に子がなく、相続人が配偶者と兄弟姉妹の方
    「永年連れ添った配偶者に財産のすべてを遺したい。」
  • 法定相続分にとらわれず、自分の意思で財産を配分したい方
    「配偶者や老後の面倒をみてくれている子の配分を多くしたい。」
  • 相続人以外の人に財産を遺したい方
    「世話になった息子の嫁、かわいい孫等に財産を遺したい。」
  • 事業や農業を営んでいる方
    「後継者にその基盤となる財産をまとめて承継させたい。」
  • 財産を公共の役に立てたい方
    「社会貢献のため、公共団体や医療法人・母校の学校法人等に寄付をしたい。」

・・・等

遺言信託のしくみ

  1. 1遺言書文案作成のお手伝い

遺言に関する事前のご相談をおうかがいした上で、公証役場にて遺言書を作成していただきます。

  1. 2遺言書の保管

当行にて遺言書を厳正に保管するとともに、遺言の内容や財産、推定相続人の異動等について、定期的にご照会します。

  1. 3遺言の執行

遺言者ご逝去の通知を受けて、当行が遺言執行者に就職し、遺言書に記載されている内容を実現します。

  • 受遺者とは、遺言によって財産の遺贈を受ける人をいいます。
  • *遺言執行が著しく困難な場合には、遺言執行者への就職を辞退させていただくことがあります。

(2020年6月1日現在)

遺言信託のご相談・お申込

店舗にてお問い合わせください。

支店セミナー「円満な相続の実現のために」予告編動画

三井住友銀行なら、相続のご相談も、いつもの支店で承ります。
仲の良い家族、若草家。その相続で何が起こる?続きはセミナーで。

セミナー「円満な相続の実現のために」にご興味のある方は

店舗で問い合わせる

お近くの支店、またはいつもの担当者まで
お問い合わせください。

インターネットで予約する

インターネットで予約できる支店もございます。
キーワード「円満な」で検索してください。

  • 本動画の内容がセミナーに含まれるかは、開催店によって異なります。お手数ですが、各支店までお問い合わせください。

ご利用にあたっての費用※金額および料率はすべて消費税込となります。

時期 手数料・保管料等
100型 20型
  遺言書の作成時
  当初手数料 1,100,000円 220,000円
  当初保管料 年間保管料6,600円を月割で計算した金額(※1)
  遺言書を保管している間
  年間保管料 毎年6,600円(年払い)
  変更手数料 55,000円(遺言内容の変更による新たな遺言書の保管時)
  遺言執行手続きの完了時
  遺言執行報酬 下記12の計算を行った額の合計額から1,100,000円を差し引いた額 下記12の計算を行った額の合計額
  (最低執行報酬) 550,000円 1,650,000円
  • ※1当初遺言書の保管を開始した日の属する月から次の3月末日までとします。
  • (注)このほかにも、ご負担いただく費用がございます。詳細は「別途ご負担いただく費用」をご覧ください。

遺言執行報酬の計算方法

財産(執行対象財産額は、相続税評価額(債務控除前)によります) 乗じる率

1

以下の財産に対して
  • 三井住友銀行およびSMBC信託銀行にお預け入れの預金およびお取扱の信託・投資信託・個人年金・証券等
  • SMBC日興証券で保護預りしている株式・債券・投資信託等の有価証券およびお取扱の個人年金等
0.22%

2

上記1以外の財産に対して
5,000万円以下の部分 2.20%
5,000万円超1億円以下の部分 1.65%
1億円超2億円以下の部分 1.10%
2億円超3億円以下の部分 0.88%
3億円超5億円以下の部分 0.66%
5億円超10億円以下の部分 0.55%
10億円超の部分 0.33%

費用のイメージ

たとえば、財産総額1億6,500万円の場合の例

  • うち三井住友銀行等でお預かりしている財産が5,000万円(遺言執行報酬の計算方法1の料率を適用)
  • その他財産は1億1,500万円(遺言執行報酬の計算方法2の料率を適用)

※金額および料率はすべて消費税込となります。

こんな方におすすめ

100型 20型
家族にできるだけ負担をかけたくない
トータルの費用を軽減したい
遺言書作成時の費用負担を軽減したい
  • 執行時の費用が安く、ご家族の負担を軽減できます
  • トータルの費用を抑えることができます
  • 相続対策に有用となる場合があります

相続人「私たちのことを気遣ってくれたんだ」

  • 当初手数料の費用負担を軽減できます
  • 当面の流動性資金を確保しやすくなります

本人(被相続人)「遺言信託利用当初の負担を抑えたい」

  • お支払いいただいた当初手数料は、事由のいかんを問わず返還いたしませんのでご留意ください。

別途ご負担いただく費用

時期 別途ご負担いただく費用
遺言書の作成時
  • 公正証書作成費用
  • 戸籍謄本等の取り寄せ費用 等
遺言内容の変更による
新たな遺言書の保管時
  • 公正証書作成費用
  • 戸籍謄本等の取り寄せ費用 等
遺言執行手続の完了時
  • 戸籍謄本等の取り寄せ費用
  • 不動産相続登記等の名義変更費用
  • 預貯金等残高証明書交付手数料
  • 相続税申告等にかかる税理士報酬 等

《ご参考》

公証人手数料(公正証書遺言作成時の手数料)

財産の価額 手数料
100万円以下 5,000円
200万円以下 7,000円
500万円以下 11,000円
1,000万円以下 17,000円
3,000万円以下 23,000円
5,000万円以下 29,000円
1億円以下 43,000円
1億5,000万円以下 56,000円
2億円以下 69,000円
2億5,000万円以下 82,000円
3億円以下 95,000円
3億円超10億円以下 5,000万円を増すごとに11,000円を加算
10億円超の場合 5,000万円を増すごとに8,000円を加算
  • 手数料は受遺者ごとに計算されます。
  • 財産の価額は時価によります。
  • 公証人に出張を求めた場合は、割増料金になります。
  • 財産の価額の合計が1億円以下の場合は、11,000円加算されます。
  • 公正証書遺言の作成手数料については、消費税は課税されません。

(2020年6月1日現在)

三井住友銀行は、お客さまの相続のお手伝いをいたします。

遺言信託のご相談

お近くの支店、またはいつもの担当者まで
お問い合わせください。

セミナー情報

三井住友銀行では「遺言信託」に関わるセミナーも実施しています。
セミナー情報のご確認、ご予約は下記より行えます。