1. ホーム
  2. セキュリティ
  3. フィッシング詐欺

フィッシング詐欺

フィッシング詐欺とは、偽サイトへ誘導し、インターネットバンキングのIDやパスワード、口座番号やキャッシュカードの暗証番号、電話番号や生年月日などの情報を盗取することでインターネットバンキングを不正に操作して現金をだまし取る手口のことです。
このページではフィッシング詐欺についてよくある手口や自分でできる対策をご紹介します。

フィッシング詐欺の手口

フィッシング詐欺は、偽サイトへ誘導し相手に本人(本物の銀行)だと信じ込ませて不正にIDやパスワードを盗み取ることから、「インターネット版の振り込め詐欺」と言われることもあります。
フィッシング詐欺で偽サイトへ誘導する手口は大きく分けて2つあります

①メール誘導

銀行を装ったメール経由で偽サイトへ誘導します。
HTMLメールの場合、表示されているアドレスと実際にリンクをクリックした際にアクセスするアドレスが異なることがあるので注意してください。

②SMS(ショートメッセージサービス)誘導

SMSとは、携帯電話番号宛のメッセージです。銀行を装ったSMS経由で偽サイトへ誘導します。
当行では、SMSから当行サイトに誘導し、暗証番号の入力を求めることはありません。

自分でできる対策

ポイント1三井住友銀行をかたるメール・SMSに注意!

当行では、SMSでSMBCダイレクトのログインを誘導することはありません。また、HTMLメールでは文中に書かれたURLと、実際にリンクされているURLを変えているケースがあります。遷移先のURLを必ず確認してください。

ポイント2口座情報を入力するサイトが当行サイトであるかをチェック!

偽サイトは本物のサイトを複製して作られるため、正規の画面と見分けがつかない場合がほとんどです。本物のサイトのURLは下記3つのドメインのみとなりますので、口座情報を入力する際には遷移先のURLを必ず確認してください。

  • https://direct.smbc.co.jp/***
  • https://direct3.smbc.co.jp/***
  • https://mb.smbc.co.jp/***

三井住友銀行の詐欺対策

ポイント1偽のメール・SMSに対する注意喚起メールの配信

不審な電子メール・SMSについての注意喚起情報を三井住友銀行アプリなどで配信しています。
併せてホームページにも事例として随時掲載しております。

ポイント2パスワードカードの導入

パスワードカードとは、SMBCダイレクトで使用する使い捨てパスワードを表示するパスワード生成のしくみです。振込など、重要なお取引を行う際に使用することで、安全にインターネットバンキングをご利用いただけます。

ポイント3暗号化通信による、暗号化・サイトの証明

三井住友銀行のWebサイトでは、個人情報の入力やID、パスワードを入力する画面はすべてTLS通信によって暗号化しています。また、Webブラウザのアドレスバーから本物の当行サイトか確認することも可能です

ポイント4電子メールへの電子署名付与

三井住友銀行名義で送信する電子メールにはすべて電子署名をつけており、疑わしいと思ったときにメールが本物かどうか確認できるようになっています。

SMBCダイレクトのセキュリティに関するお問い合わせ先

SMBCダイレクトの利用停止・お問い合わせ

三井住友銀行フリーダイヤル(通話料無料)

0120-56-3143

受付時間と留意点
  • 毎日9:00〜21:00
    • 1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます。
海外からなどフリーダイヤルをご利用いただけない場合(通話料有料)
受付時間と留意点
  • 毎日9:00〜21:00
    • 1月1日〜3日と5月3日〜5日は除きます。