1. ホーム
  2. カードローン
  3. はじめての方へ
  4. 知って納得カードローンの基礎知識
  5. カードローンの在籍確認とは?流れやスムーズに進めるためのポイントをくわしく解説

カードローンの在籍確認とは?
流れやスムーズに進めるためのポイントをくわしく解説

カードローン申込時に実施される在籍確認とは、「申込者が申告した勤務先で本当に働いているか」を確認する審査項目です。申込者の返済能力を確認するために重要な在籍確認ですが、いつ、どのように実施されるのでしょうか?

この記事では、実際に行われる在籍確認の内容や、在籍確認をスムーズに進めるためのポイントをご紹介します。カードローンの申込前にぜひ一度ご確認ください。

在籍確認では「申告した勤務先で本当に働いているか」を確認される

カードローン会社は在籍確認で「申込者が申告した勤務先で働いていること」を確認し、返済能力がない方への融資を防止しています。

在籍確認では、主に電話による連絡が行われています。最近では、勤務を疎明する書類の提出をもって、在籍確認を実施する金融機関もあります。

在籍確認の流れ

在籍確認はカードローンの申込時に必ず実施されますが、どのタイミングで行われるのでしょうか。

三井住友銀行のカードローンでは申し込んでから利用開始するまでの流れは、以下の通りとなっています。

  • 1.申込
  • 2.本人確認書類の提出・審査
  • 3.審査結果の連絡
  • 4.カード受取・利用開始

在籍確認は「2.本人確認書類の提出・審査」の段階で行われます。

在籍確認での電話応対について

電話での在籍確認の場合、申込者本人が電話に応対するほかにも、電話を受け取った人や取り次いだ人が「〇〇(申込者)は、ただ今席を外しております」もしくは「〇〇(申込者)は、本日はお休みしております」などと回答しても在籍確認は完了します。在籍確認において大切なのは「申込者が電話に応対すること」ではなく「申込者の在籍が確認できること」です。

ただし、最近は個人情報保護の観点から「社員情報を電話では伝えない」「取次を行わない」という企業も増えています。もし勤務先が電話の取次などに対応していない場合には、自身が電話に応対できるよう、所属する部署の代表番号に加え、内線番号も記入しましょう。

電話での在籍確認が難しい場合は、金融機関に相談することによって、勤務を疎明する書類での在籍確認に対応してくれる場合もあります。

増額審査時や転職時にも在籍確認が行われる

すでにカードローンを契約している方が、借り入れられる上限金額(契約極度額)の増額を申請する場合や、転職をして勤務先が変わったことを申告した際には、収入状況の再確認と併せて、在籍確認が再度実施されることもあります。

勤務先の変更を金融機関に届け出ていない場合は、契約極度額の増額を申請したときに、以前の勤務先へ在籍確認の電話連絡が行われる可能性があります。

以前の勤務先へ電話連絡が行われた場合、在籍確認できないため、再審査に影響が出てしまいます。転職時には、今後の増額審査をスムーズに完了させるためにも、借入先の金融機関に転職した旨を必ず報告しておきましょう。

在籍確認をスムーズに進めるためのポイント

在籍確認の電話を受けた人が申込者の在籍を証明する発言(「〇〇は、ただ今、電話に出ることができません」など)をしない場合や、在籍していない旨の発言(「〇〇という者はおりません」「〇〇は退職しました」など)があった場合には、申込が取り下げられる可能性もあります。自身が在籍確認の電話に応対することができない場合は、電話を取る可能性が高い方に、電話がかかってくる旨を伝えておきましょう。

また、パートやアルバイトの方は、店長や社員のみが入れるスペースに電話があるために、自身が電話に応対できないというケースも考えられます。この場合は社員や店長などに「電話がかかってくるかもしれません」と相談しておけば、在籍確認をスムーズに進められます。

派遣社員の方は「派遣元」の連絡先を申告する

派遣社員の場合、「派遣先」と「派遣元」の2種類の連絡先が存在しますが、カードローンの申込時には「派遣元」の連絡先を申告します。

ただし、派遣元の派遣会社によっては、社員の個人情報についての問い合わせに対しては答えないという方針を立てていることがあります。派遣会社の方針により電話での在籍確認が難しい場合には、申込先の金融機関に相談してみましょう。

在籍確認ができない状態のまま対応しないで放置しておくと、カードローンへの申込を取り下げられてしまう可能性があります。派遣元で在籍確認に対してどのような対応をするか気になるときは、申込前に派遣元に確認しておくことをおすすめします。

在籍確認について正しく理解してスムーズに審査を進めよう

在籍確認は、カードローン申込者が申告した勤務先に本当に在籍しているのかを金融機関が確認する審査項目です。勤務先への電話を通して実施されることが一般的で、在籍確認の電話に応対できない場合は、カードローンへの申込が取り下げられることもあります。

申込者自身が電話に応対する、または「〇〇(申込者)は、ただ今、電話に出ることができません」などと在籍の事実を確認できる内容の回答を得ることで、在籍確認は完了となります。

在籍確認をスムーズに進めるためには、所属部署の電話番号など「自分が電話に出られる電話番号」を金融機関に申告することが大切です。アルバイトの方など、勤務形態の関係で自分以外の人が電話に出る場合は、在籍確認の前に「自分宛ての電話がかかってきたら取り次いでほしい」と社員の方に一言伝えておくと、スムーズな在籍確認につながります。

カードローンに申し込む際は、提出書類の準備などと併せて在籍確認の応対準備を整えておきましょう。

次の記事:カードローンの利用限度額とは?金額の決定基準や増額方法をご紹介

前の記事:カードローンの返済方法は?借りる前に知っておきたい返済額の計算法も解説

知って納得カードローンの基礎知識 記事一覧

インターネットでの
新規お申込

インターネットで
24時間いつでも審査お申込可能!
普通預金口座をお持ちの方はお手元の
キャッシュカードでお借り入れできます。

お電話でも
お申込をお受けしております

三井住友銀行カードローンプラザ0120-923-923

受付時間:毎日9:00〜21:00(12月31日〜1月3日は除きます)