1. ホーム
  2. カードローン
  3. はじめての方へ
  4. 知って納得カードローンの基礎知識
  5. カードローンで100万円を借りるには?借りる際のポイントについて解説

カードローンで100万円を借りるには?
借りる際のポイントについて解説

カードローンでは、100万円以上の利用限度額を希望し、なおかつ審査を通過すれば100万円を借りることができます。しかし、審査には基準があり、申し込んだとしてもすべての方が通過できるわけではありません。

カードローンの審査に通過するためには、いくつかのポイントが存在します。入院・治療費や、家具・家電の購入費用等、目的は様々だと思いますが、100万円を借りたい方に向け、カードローン審査時のポイントや返済する際のシミュレーション例をご紹介します。

カードローンならスピーディーに100万円を借り入れできる可能性がある

100万円前後のお金を用意する手段は限られています。預貯金で用意することが難しい場合は借り入れが有力な選択肢となりますが、そのひとつとして金融機関のローン商品が挙げられます。

しかし、ローン商品の一部は担保や保証人が必要で、審査に1週間ほどかかることもあります。そのため、急いでいるときには、無担保、無保証人で利用できるカードローンが適しています。カードローンは、一般的にほかのローン商品よりもスピーディーに申込から借り入れまでが完了する商品でもあるため、急な出費が生じたときにも対応できるでしょう。

たとえば、三井住友銀行のカードローンでは、最短翌営業日に審査結果の連絡を受けることができるため、申込の翌営業日には100万円を借り入れすることも可能です。100万円を借りるためのローン商品はいくつか存在しますが、お急ぎのときはカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

カードローンで100万円を借りる際のポイント

カードローンに申し込めば誰もが100万円を借りられるわけではありません。カードローンに申し込むと、年収をはじめとしたさまざまな審査項目に基づいて審査が実施され、借り入れの可否が決定されます。

借入可能という結果が出た場合でも、審査時に確認された返済能力に応じて借り入れられる上限金額(利用限度額)が設定されるため、希望した金額が必ず借りられるわけではありません。100万円以上の借り入れができるように希望したとしても、利用限度額が100万円より少なく設定されることもあるでしょう。

また、100万円以上の利用限度額でカードローンを契約するには、自身が100万円を返済できることを金融機関に示す必要があります。判断基準は金融機関によって異なりますが、いくつかのポイントに留意することで、借り入れの可能性を高めたり、借り入れまでの時間を短縮できたりします。

借り入れを申し込む際に知っておきたいポイントを2点紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

(1) 総量規制について事前に確認しておく

総量規制とは「年収の3分の1を超える貸付を原則禁止する」というルールのことです。消費者金融や信販会社等の貸金業者を対象とした規制ですが、銀行でも総量規制に準じた対応が行われています。

たとえば、貸金業者の提供するカードローンで100万円を借りたい場合、最低でも300万円以上の年収が必要となります。申し込む前に、300万円以上の年収があるのか源泉徴収票などの書類でセルフチェックしてみましょう。

総量規制では、複数の貸金業者から借り入れている場合は借り入れの合計金額が規制の対象となります。カードローンを申し込むのが2件目以降となる場合には「合計でいくら借りることになるのか」をより注意して把握しましょう。

また、300万円以上の年収がある場合でも、必ずしも100万円以上を借りられるとは限りません。年収300万円以上の方が100万円の利用限度額を希望しても、勤務年数や勤務形態といった年収以外の項目を考慮した結果、希望通りの利用限度額にならないこともあります。

(2) 収入証明書類はあらかじめ準備しておく

カードローンに申し込む際には、運転免許証などの「本人確認書類」の提出が必須です。本人確認書類としては、基本的に運転免許証やパスポート、個人番号カード等を利用できます。また、50万円を超える借り入れを希望する場合には、本人確認書類に加えて「収入証明書類」の提出が必要になることもあります。

運転免許証やパスポート等の本人確認書類はすぐに準備できても、収入証明書類は手元にないという方もいらっしゃるかもしれません。三井住友銀行で提出できる収入証明書類を例として紹介しますので、申込前に書類の準備を進めておきましょう。なお、いずれも原本ではなく写しを提出します。

収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 税額通知表
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書+賞与明細書

100万円を借り入れた際の返済シミュレーション

借り入れをするときには、同時に返済も意識することが大切です。100万円を借りると、どのぐらいの期間、どれだけの金額を返済していくことになるのでしょうか。三井住友銀行の「カードローン返済シミュレーション」を使って毎月の返済額と利息総額をイメージしてみましょう。1年間、3年間、5年間で完済する場合でシミュレーションしてみます(※1)。

返済期間 毎月の返済額 利息総額 返済総額
1年 90,022円 80,265円 1,080,265円
3年 34,420円 239,144円 1,239,144円
5年 23,528円 411,663円 1,411,663円
  • いずれも金利は年14.5%で完済まで変わらないものとして計算しています。

返済期間が長くなると返済総額も増加するので注意

上記表でも明らかなように、返済期間が長くなればなるほど発生する利息が大きくなり、返済総額も大きくなります。返済期間が長くなってしまう場合は、こまめな臨時返済を心がけて、利息が高くなり過ぎないように調整してみましょう。

三井住友銀行で臨時返済を行う場合、「ATMでの現金入金」「カードローン口座へのお振込」「SMBCダイレクト(インターネットバンキング)のご利用口座からのお振込・お振替」による返済が可能です。

三井住友銀行ATMや提携コンビニATMからの返済は手数料無料で利用できるほか、SMBCダイレクトを利用した返済は24時間いつでも利用できる等、それぞれの返済方法にメリットが存在しますので、状況に合わせて活用しましょう。

計画的な返済を心がけましょう

ここまでご紹介してきた通り、100万円を借り入れる手段のひとつとして、カードローンがあげられます。カードローンは無担保・無保証人で利用でき、申込から借り入れまでの期間が短いことを特徴とするローン商品なので、急いで資金が必要なときにおすすめです。

加えて、一部のカードローンでは50万円を超える利用限度額の申込については、収入証明書類の提出が必要となります。スムーズに審査や契約を進めたい場合、事前準備が大切です。なお、希望する利用限度額にかかわらず、運転免許証をはじめとした本人確認書類の提出は必須ですので、こちらも事前に準備しておきましょう。

申込、審査、契約を済ませてお金を借りると返済が始まります。毎月どの程度の返済額なら無理なく支払えるのかを考え、カードローン会社のシミュレーションで返済期間や利息総額などを事前にチェックしておきましょう。

また、返済が始まった後、余裕があるときや臨時収入があったとき等には臨時返済をおすすめします。予定よりも多めに返済をすれば、返済期間が短縮できるだけでなく、利息総額が減ることもあります。ぜひ臨時返済などを交えた計画的な返済を心がけましょう。

次の記事:カードローンの複数社申込・利用を解説!2社以上から借り入れている際の注意点も紹介

前の記事:カードローンを生活費の補填に使う方は多い?申込時や借入後の注意点を解説

知って納得カードローンの基礎知識 記事一覧

インターネットでの
新規お申込

インターネットで
24時間いつでも審査お申込可能!
普通預金口座をお持ちの方はお手元の
キャッシュカードでお借り入れできます。

お電話でも
お申込をお受けしております

三井住友銀行カードローンプラザ0120-923-923

受付時間:毎日9:00〜21:00(12月31日〜1月3日は除きます)