1. ホーム
  2. カードローン
  3. はじめての方へ
  4. 知って納得カードローンの基礎知識
  5. カードローンの複数社申込・利用を解説!2社以上から借り入れている際の注意点も紹介

カードローンの複数社申込・利用を解説!
2社以上から借り入れている際の注意点も紹介

カードローンに申し込むと、融資可否を判断する審査が実施されます。審査に通過できない可能性を考えて、複数社へ同時に申し込むことを検討する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カードローンを複数の会社へ同時に申し込むことは可能ですが、そのことはカードローン会社側も把握しており、それをふまえた審査が行われます

仮に複数社の審査を通過した場合も、利用は1社に絞り込むことをおすすめします。本記事では、カードローンを2社以上利用した場合のデメリット、1社に絞り込んで利用するメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

カードローンの複数社同時申込について

カードローンへの申込自体は、利用条件さえ満たせば誰でも自由におこなうことができます。条件を満たすローンが複数ある場合には、同時に複数社に申し込むこともできます。

ただし、カードローン会社は信用情報機関を通じて「申込者が何社に申し込んだか」を把握できるため、他社への申込状況を隠して申し込むことはできません。

申込情報は信用情報機関に記録されている

カードローンへの申込情報は信用情報機関に記録されます。個人のローンやクレジットカードの申込・契約・利用状況に関する情報を管理する信用情報機関は、日本では指定信用情報機関(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3団体があり、それぞれ所属している会員が異なります。

信用情報機関 CIC JICC KSC
所属会員
  • 貸金業者
  • 割賦販売業者 等
  • 貸金業者
  • 割賦販売業者
  • 信販業者
  • 保証会社 等
  • 銀行
  • 信用金庫
  • 農業協同組合
  • 信用組合 等
  • 複数の信用情報機関に所属する事業者も存在します。

たとえば、三井住友銀行のカードローンに申し込んだ際は、三井住友銀行が加盟している信用情報機関である全国銀行個人信用情報センター(KSC)に申込情報が登録されます。また、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンスが加盟している指定信用情報機関(CIC)と日本信用情報機構(JICC)にも登録されます。

カードローンの複数申込時には「総量規制」を考慮した審査がおこなわれる

カードローンの複数社への同時申込には、より慎重な審査がおこなわれます。

消費者金融などの貸金業者には、貸し過ぎや借り過ぎを防ぐための「総量規制」というルールが設けられています。そのため、貸金業者は原則として年収の1/3を超える貸付を行うことができません。

銀行は貸金業者ではありませんが、総量規制に準じた対応を実施しています。

複数のカードローンを利用する場合には、各カードローンの利用状況を加味した利用限度額が設定されます。これは同時に複数社へ申し込んだ場合も同様であり、各社は総量規制の趣旨を踏まえ、より慎重に審査を行います。

総量規制に抵触する利用限度額で複数のカードローンに申し込んだ場合、希望する金額とは異なる利用限度額での契約となるほか、審査の通過自体が難しくなることもあります。

カードローンの複数社利用について

複数社のカードローン審査に申し込んだ結果、審査を通過して複数社から借入可能になる場合もあります。しかし、複数社のカードローンを同時に利用する際には、いくつか注意すべき点があります。

まず、複数社から借り入れをおこなうと、返済先も複数になります。1社に絞って借りているなら返済日は1日だけですが、複数社から借り入れた場合には返済日が月に2日以上になることも考えられます。返済日を勘違いする等、決められた日付(約定返済日)に返済しなかった場合、遅延損害金の発生にもつながるため注意が必要です。

また、借入先が複数あることで正確な借入残高を把握しづらくなるという点にも注意が必要です。複数のカードローンを利用している場合、それぞれの借入残高を把握・合算しておかないと、現在の借入状況を正確に把握することができません。

借入状況を正確に把握できていないと、返済の計画が立てづらくなり、予想以上に毎月の返済額の負担が大きくなってしまうこともあるでしょう。

1社に絞り込んで利用する場合のメリットをご紹介

1社だけに絞り込んで利用することで、複数社の利用と比較してメリットが生まれることもあります。「金利」「毎月の返済額」「返済日」に関するメリットについてくわしく解説します。

■金利が低くなる可能性がある

カードローンは、一般的に利用限度額が大きくなるほど低い金利で利用できます。前述の通り、利用限度額は申込者の年収や他社利用状況をふまえて設定されるため、複数社と契約するよりも1社と契約するほうが大きくなる傾向にあります。つまり、契約を1社に絞り込むと「大きな利用限度額が設定される可能性がある=低金利で利用できる可能性が高まる」のです。

利息は借入残高と返済期間、そして金利によって計算されるので、借入残高と返済期間が同じならば少しでも低い金利で借りたほうが利息は少なくなります。利息を抑えたいと考えている方は、1社に絞ってカードローンを利用しましょう。

利用限度額による金利の違いについて、三井住友銀行のカードローンの金利設定で考えてみます。100万円の利用限度額が設定されている場合は、年12.0%〜14.5%の金利となるのに対し、300万円の利用限度額が設定されている場合は、年8.0%〜10.0%の金利となります。

三井住友銀行と同じ金利設定のカードローン3社から借りるものと仮定した場合、300万円を100万円ずつ3社に分けて借りるよりも、1社でまとめて借りるほうが適用される金利が低くなり、利息もその分少なくなるでしょう。

■毎月の返済額を抑えられる可能性がある

カードローンの毎月の返済額は、複数社から借り入れるよりも、1社から借り入れるほうが低く抑えられる可能性があります。例として、三井住友銀行のカードローンの約定返済金額を参考にしたカードローンA社、B社、C社を仮定します。

借入残高 約定返済金額
900,001円〜1,000,000円 15,000円
1,000,001円〜1,100,000円 16,000円
2,800,001円〜2,900,000円 34,000円
2,900,001円〜3,000,000円 35,000円

カードローンA社、B社、C社の3社から100万円ずつ合計300万円を借りている場合の約定返済金額は15,000円×3社=45,000円となります。一方、300万円を1つのカードローンで借りた場合、約定返済金額は35,000円となります。あくまで仮定ではありますが、1社で借りたほうが同じ借入残高でも毎月10,000円返済額を抑えることができます。

ただし、毎月の返済額を抑えると借入残高の減少が緩やかになり、返済が長引く場合がありますのでご注意下さい。

上記表に掲載されている「約定返済金額」とは「借入残高によって決まる毎月の最低返済額」であり、約定返済金額以上の金額ならばいくらでも返済可能です。少し多めに返済できるときは約定返済とは別に追加で多めに返済する「臨時返済」を実施し、返済を長引かせないように心がけましょう。

■返済日を1日にまとめられる

前述の通り、複数社から借り入れた場合は1ヵ月に複数回の返済日が発生する可能性があります。返済日や返済する回数が複数あると手続きが煩雑になり、収支管理が複雑になります。また、カードローンによっては返済ごとに手数料がかかることもあるため、返済する回数が多いとその分、手数料もかさんでしまいます。

一方、1社だけから借りている場合は、返済日は1日だけ、返済手続も1ヵ月に1回だけなので、返済をシンプルに管理できます。返済の際に手数料がかかるカードローンであっても、返済する回数が少なければ手数料がかさみにくいでしょう。

可能な限り返済の手間を省きたい方は、カードローンは1社だけの利用に留めましょう。

カードローンは複数社への同時申込を避け、1社だけの利用を心がけましょう

「審査に通過しないのでは」と心配し、複数社のカードローンに申し込むことを検討されることもあるでしょう。しかし、カードローン会社は信用情報機関を通じて他社への申込情報も把握しているので、複数同時に申し込んだということをほかのカードローン会社に知られずに申し込むことはできません。

消費者金融等の貸金業者では貸し過ぎ・借り過ぎを防ぐために年収の1/3を超える貸付を制限する総量規制を適用していますが、銀行も総量規制に準じた対応を実施しています。複数のカードローンへ同時に申し込むと、希望した利用限度額での審査通過はより難しくなります。仮に複数社のカードローンの審査を通過したとしても、1社に絞り込んで契約した時と利用限度額に大きな差はないでしょう。場合によっては審査を通過できないこともあります。

また、「月々の返済負担軽減」等のメリットもあるため、カードローンは1社に絞って利用することをおすすめします。各社の金利設定やサービス等を比較し、自身に合ったカードローンへの申込を心がけてみてください。1社のカードローンだけを利用する場合、自身の借入状況や返済状況も容易に把握でき、より計画的に使うこともできるでしょう。

次の記事:カードローンとクレジットカードによるキャッシングの特徴や違いを解説

前の記事:カードローンで100万円を借りるには?借りる際のポイントについて解説

知って納得カードローンの基礎知識 記事一覧

インターネットでの
新規お申込

インターネットで
24時間いつでも審査お申込可能!
普通預金口座をお持ちの方はお手元の
キャッシュカードでお借り入れできます。

お電話でも
お申込をお受けしております

三井住友銀行カードローンプラザ0120-923-923

受付時間:毎日9:00〜21:00(12月31日〜1月3日は除きます)