1. ホーム
  2. カードローン
  3. はじめての方へ
  4. 知って納得カードローンの基礎知識
  5. カードローンの保証会社についてわかりやすく解説!審査における役割も紹介

カードローンの保証会社についてわかりやすく解説!
審査における役割も紹介

銀行が提供するカードローンの申込条件には「保証会社の保証を受けられる方」という一文が記載されていますが、どういうことか分からないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、保証会社の業務内容を紹介していきます。また、カードローン申込時の審査における保証会社の役割についても解説しますので、カードローンの利用を検討されている方はぜひご覧ください。

カードローンの保証会社が担当する業務

銀行は、保証会社と提携してカードローン商品を展開しています。たとえば三井住友銀行のカードローンは「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」が保証会社です。

保証会社は「審査業務」「代位弁済業務」等を行っています。それぞれについて説明していきます。

審査業務

審査業務とは、カードローンに申し込んだ方の返済能力を確認する「保証審査」を行うことです。

銀行カードローンに申し込むと、保証会社と銀行の審査、ふたつの審査を受けることになります。ふたつの審査は確認する内容が異なっており、保証会社の審査では、個人信用情報機関の情報も活用し、他の金融機関からの借入残高や返済能力を確認され、銀行の審査では、保証会社の保証審査を含めた総合的な返済能力が確認されます。

「申込者がどれだけの金額を返済できるか」を示す返済能力は、保証会社が長年にわたり培った審査ノウハウや債権管理の経験から定められた審査基準によって判断されています。

代位弁済業務

代位弁済とは、利用者の返済が難しくなった際に、保証会社が代わりにカードローンを提供する金融機関へ返済を行うことです。利用者の返済が長期にわたって遅れた場合や、返済の目途が立たなくなった場合には、保証会社が金融機関へ代位弁済を行います。

保証会社が利用者の代わりにカードローンを提供する金融機関へ代位弁済をすることで、利用者の金融機関に対する返済義務はなくなります。

しかし、ここでいう代位弁済とは「利用者に代わって保証会社が返済する」ことであり、利用者は代わりに支払ってもらったお金を保証会社へ返済する必要があります。「借り入れたお金を返済しなくてよい」ということではない点は留意しておきましょう。

代位弁済への発展は避けるべき事態です。計画的な返済を心がけてカードローンを利用しましょう。

保証会社が同じならカードローンの審査基準は同じ?

保証会社は複数のカードローン商品の保証業務を担っているため「検討している2つのカードローンが同じ保証会社と提携していた」というケースもあるでしょう。では、同じ保証会社が審査業務を担当している場合、審査内容や結果も同じなのでしょうか。

先述の通り、カードローンについては、保証会社による「保証審査」に加えて、カードローンを提供する金融機関による「金融機関審査」も実施されます。そのため、同じ保証会社が保証するカードローンであっても、提供する金融機関が異なれば、審査内容や結果は異なります。

申込可能か気になる方は借入診断を利用しよう

保証会社もカードローンを提供する金融機関も審査基準を公表していないため、実際に申し込まなければ審査結果はわかりません。しかし申込自体の可否は事前に調べることができます。

カードローンを提供する各社がWebサイトに設置している「借入診断」を利用すると、3、4個の質問に答えるだけで申込可能かを診断できます。

ただし、借入診断はあくまで申込の可否を確認するためのサービスです。借入診断で「申込可能」と判断されても、審査を通過できないこともあります。

三井住友銀行のカードローンでは申込が可能かを調べる目安になる借入診断として、「お借り入れ10秒診断」を提供しています。「年齢」「年収」「他社カードローンお借入金額」の3つの項目を入力することにより、約10秒で申込可能か確認できるので、ぜひご活用ください。

お借り入れ10秒診断

保証会社はカードローンの重要な役割を果たしている

保証会社とは、カードローンの利用者が万が一返済能力を失った時に、利用者に代わってその返済を行ってくれる会社であり、銀行は保証会社と提携してカードローンを提供しています。

保証会社は「審査業務」「代位弁済業務」を中心にカードローンを提供する金融機関と提携しており、カードローンのさまざまな部分に関わっています。

保証会社は審査業務としてカードローンの「保証審査」を担当していますが、それとあわせて金融機関が「金融機関審査」を行います。2つの金融機関にカードローンを申し込んだ際、提携する保証会社が同じでも、申込審査の内容は異なるため、金融機関ごとに審査結果が異なる場合があります。

審査に通過してカードローンを利用する際にも、保証会社と関わることがあります。利用者の返済が滞った場合には、保証会社が代わりに金融機関に代位弁済を行います。しかし、利用者は保証会社に返済する必要があり、基本的に一括での返済を求められます。保証会社による代位弁済は、避けるべき事態であると認識しましょう。

代位弁済に発展する前だとしても、返済が滞ることは避けるべきです。ローンを利用するときは、計画的な返済と無理のない借り入れを心がけましょう。

次の記事:カードローンのメリット・デメリットを解説!上手に使う方法もご紹介

前の記事:カードローンとクレジットカードによるキャッシングの特徴や違いを解説

知って納得カードローンの基礎知識 記事一覧

インターネットでの
新規お申込

インターネットで
24時間いつでも審査お申込可能!
普通預金口座をお持ちの方はお手元の
キャッシュカードでお借り入れできます。

お電話でも
お申込をお受けしております

三井住友銀行カードローンプラザ0120-923-923

受付時間:毎日9:00〜21:00(12月31日〜1月3日は除きます)