個人型確定拠出
年金(iDeCo)

iDeCoとは?

iDeCoは「個人型確定拠出年金」のことで、投資信託等に積立しながら老後の生活資金の備えをするための制度です。

iDeCoは「個人型確定拠出年金」のことで、投資信託等に積み立てしながら老後の生活資金の備えをするための制度です。

なんだか難しそう…老後に備えて積立するというのはわかったけど…どんなメリットがあるのかしら?

なんだか難しそう…
老後に備えて積み立てするというのはわかったけど…
どんなメリットがあるのかしら?

「iDeCo(イデコ)」ご紹介動画ページへ

iDeCoのポイントは?

POINT
1
毎月の掛金は5,000円から。ご自身のペースに合わせて金額が設定できます。

毎月の掛金は5,000円以上、1,000円単位で決めることができます。
上限は職業などによって下図のように決まっています。
積立期間中、掛金の額の変更(※)も可能です。

  • (※)掛金の額は毎年4月から3月の間で1回のみ変更することができます。

自営業者等(国民年金第1号被保険者) 月額6.8万円 企業年金のない会社員 月額2.3万円

公務員等 月額1.2万円 専業主婦等(国民年金第3号被保険者) 月額2.3万円 企業年金のある会社員 月額1.2万円

iDeCo(イデコ)加入診断ページへ

途中で金額を変更できるのはいいわね。

途中で金額を変更できるのはいいわね。

POINT
2
ご自身で商品を選んで運用。所得控除や運用益の非課税メリットを受けられます。原則60歳から老齢給付金を受け取ることができます。

急な怪我や病気の場合でも原則60歳まで引き出しはできませんので、注意が必要です。また、受取の際には年金または一時金いずれかから選択することができます。

老後のための積立だから、60歳までは引き出しできないのね。

老後のための積立だから、60歳までは引き出しできないのね。

POINT
3
積立時、運用時、受取時、それぞれのステップで税制優遇があります。

  • ※積み立てた年金資産に対して特別法人税が課税されますが、現在は凍結中でかかりません。
  • ※口座管理などに必要な手数料はお客さまにご負担いただきます。
実際の年金や一時金を受け取るときまでお得なのね。

実際の年金や一時金を受け取るときまでお得なのね。

投資信託で積み立てる場合、積立投資のメリットを活かした運用ができます。

投資信託で積み立てる場合、積立投資のメリットを活かした運用ができます。

積立投資の特徴は?

個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」についてくわしくはこちら