1. ホーム
  2. セキュリティ
  3. ATM・キャッシュカードのセキュリティ

ATM・キャッシュカードのセキュリティ

不正な取引防止のために、利用制限の設定や出金のお知らせが可能です。

ICキャッシュカードの生体認証でのお取引について

当行のICキャッシュカードは、生体認証でのお取引が可能です。これは、手指の静脈パターンによってご本人確認を実現するもので、スキミング(磁気情報を読み取り、偽造カードを作る)を防止することに加え、万一暗証番号とキャッシュカードを同時に盗み取られても、不正に現金を引き出すことが非常に困難になります。

  • 生体認証でのお取引のご利用には、窓口でのお申込が必要となります。
ATMオートロックサービス

ATMでのお取引を普段はロックし、必要なときだけSMBCダイレクト(インターネットバンキング)で解除することで、安心してご利用いただけます。

キャッシュカード出金のお知らせ

キャッシュカードでのお取引(ご出金、お振込、お振替)の際に電子メールでお知らせいたします。

キャッシュカードご利用限度額変更サービス

キャッシュカードをご利用になる場合の1日のご利用限度額(ご出金・お振込・お振替)を、SMBCダイレクトやATMで変更できます。

キャッシュカード暗証番号の管理について

不正出金の被害を未然に防ぐため、キャッシュカードの暗証番号は以下の点にご注意の上、お客さまご自身で厳重な管理を行ってください。
なお、SMBCダイレクトの第一暗証についてはこちらをご確認ください

暗証番号を使いまわさない

他社サービスを含め、複数のサービスで同一の暗証番号を使いまわさないでください。他のサービスから情報が漏えいした際に、SMBCダイレクトにも不正ログインされる恐れがあります。

第三者に推測されやすい番号を使わない

ご自身や身近な方のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)への投稿等から第三者に暗証番号を推測され、不正ログインに利用される可能性もあります。

推測されやすい番号の例)
ご自身および身近な方の生年月日や記念日、車のナンバー、電話番号、住所地番 など

長期間、同じ暗証を使わない

キャッシュカード暗証番号は、定期的に変更を行ってください。

第三者に教えない、ファイルや紙で保存しない

キャッシュカード暗証番号は、ファイル保存したり、紙等に書き留めたりしないでください。またクラウドサービスに口座情報や暗証番号等の情報を保存すると、第三者により不正アクセスされ、不正送金被害にあうリスクがあります。

万一、キャッシュカードの盗難・紛失にあったり、暗証番号を知られた場合は?

キャッシュカード暗証番号の変更は、お客さまご自身で行ってください。

暗証番号の変更方法について

キャッシュカードの暗証番号

三井住友銀行本支店ATMで変更することができます。「暗証番号変更」または「各種サービス」ボタンを押下の上、お手続きください。

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)の暗証番号

キャッシュカード暗証番号とインターネットバンキング(SMBCダイレクト)の第一暗証は異なります。キャッシュカード暗証番号を変更されましても、インターネット・電話からご利用いただく第一暗証は変更されませんので、変更の際は、それぞれお手続ください。

【インターネット専用の第一暗証(4〜8桁の英数字)の変更】

PC・スマートフォンのインターネットバンキング専用の第一暗証を変更したい場合は、「インターネット専用の第一暗証を設定」ボタンを選択してください。

【インターネットバンキング・テレホンバンキング共通の第一暗証(4桁の数字)の変更】

「第一暗証を変更」ボタンを選択してください。