1. ホーム
  2. 外貨預金
  3. 外貨預金を始める前の注意点

外貨預金を始める前の注意点

外貨預金は円預金とは異なる注意点があります。正しく理解をし、効果的な運用を心掛けましょう。

外貨預金の注意点

ポイント 01 「為替変動」により
元本割れとなる場合があります

外貨預金は、為替相場の変動によって為替差損が生じ、受取時の金額がお預入れ時の金額を下回る元本割れの可能性があります。

ポイント 02 「為替手数料」により
元本割れとなる場合があります

外貨預金取引では、外貨の売買の際に為替手数料がかかります。そのため、為替相場に変動がない場合でも、円貨に替えたときに元本割れするリスクがあります。

ポイント 03 預金保険制度の対象外です

日本国内の銀行の「円」で預金をしていれば、預金保険制度の対象になりますので、万が一お金を預けていた銀行が破たんしても1,000万円とその利息分までは返還が保証されます。ただし、外貨預金はその対象ではなく、破たん金融機関の財産の状況に応じて支払われます。

外貨預金の運用のポイント

ポイント 01 余裕資金で投資する

当面使う予定のないお金 当面の生活費として確保しておくお金 使い道の決まっているお金

外貨預金は、為替レートの変動によっては損失を被る可能性があります。したがって、外貨預金は当面使う予定がないお金(余裕資金)で、長期的に運用していきましょう。

ポイント 02 分散投資を行う

為替の動きが異なる通貨を複数選ぶことで、全体の為替変動リスクを抑えた運用を目指すことができます。

通貨の分散

1通貨だけだと、投資先の国の経済環境や社会情勢に強く左右される。

複数の通貨を組み合わせることで、為替変動のリスクを軽減。

当行の取扱通貨

時間の分散

一度に外貨を購入するよりも、何度かに分けて少しずつ購入した方が、購入時の為替リスクを分散させることが期待できます。具体的な購入方法は下記をご確認ください。

外貨自動積立サービス

ポイント 03 長期投資を行う

現状の損益に一喜一憂してしまいがちですが、安定した運用を行うために長期的に運用することがおすすめです。
たとえば、為替は一時的な要因で大きく変動する事がありますが、長期間で見るとこの変動リスクが小さくなり、安定した運用を行うことができます。

  • 上の図はイメージであり、実際のリターンを表したものではありません。
  • 長期運用によりリターン(利益・損失)が平準化して変動を小さくすることが期待できます。結果として元本割れになる確率を比較的低くすることができると言われています。ただし長期保有を行えば損失を必ず回避できるということではありません。

三井住友銀行の便利なサービスで
日々の運用管理を

外貨預金は SMBCダイレクトが おすすめ!

  • 来店不要!
    即日口座開設
  • ネットなら
    為替手数料が半額
  • 平日24時間
    お好きな時にお取引
  • リアルタイム為替レートで
    お取引

お電話でもご相談・お手続を お受けしております

三井住友銀行フリーダイヤル0120-56-3143

  • 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。受付時間:毎日9:00〜19:00(12月31日〜1月3日と5月3日〜5日は除きます。)
  • 外貨預金の資料請求・お申込をするには三井住友銀行の預金口座が必要です。
  • 混雑状況等により、即日口座開設できない場合もございます。
  • インターネットバンキング・テレホンバンキング(SMBCダイレクト)でのお取引は、20歳以上〜90歳未満の方に限ります。