グローバル人材の活躍 世界を視野に、新たな価値を生む人材を グローバル人材の活躍 世界を視野に、新たな価値を生む人材を

三井住友銀行では、グループの成長を牽引する海外ビジネスを支えるべく、
従業員の雇用地を問わない適材適所の登用を推進する枠組み整備を進めているほか、
ビジネスの急速なグローバル化を支える人材の育成に力を入れています。
海外と日本の間での人材交流や、国内外の従業員が集う研修を多数行うなど従業員が異文化
コミュニケーションを経験する環境を整え、
組織として多様性を競争力に変える風土を育んでいます。

数字で見る人材のグローバル化

注:集計対象は三井住友銀行とその主要子会社
注:2018年度のアジア地域勤務者増加は
BTPN(PT Bank Tabungan Pensiunan Nasional Tbk)と、
三井住友銀行の連結子会社インドネシア三井住友銀行の合併による

グローバル人材の活躍に向けた、主な取組み

グローバル人事室

2014年度に「グローバル人事室」を立ち上げ、従業員の雇用地を問わない適材適所の登用を推進する枠組み整備として、「SMBCグローバルコンピテンシーモデル」に基づき、同じ尺度で人材把握を行う体制を構築しているほか、海外採用従業員の人材情報を一元管理するデータベース整備も進めています。また、海外各地域の人事責任者が一同に会するグローバル人事会議を毎年開催するなど、グローバル一体となって人材の育成・登用を進めていきます。

各種研修制度

グローバル研修「Global Co-working Program」
の参加者

人材育成では、米国University of Pennsylvania, the Wharton Schoolとの提携による幹部従業員研修をはじめ、各国従業員の合同研修を多数実施、異文化環境におけるリーダーシップ養成や、国・地域を超えたネットワーク形成に取り組んでいます。
海外採用従業員には最長1年間国内拠点で勤務するプログラムを提供する他、日本で採用された従業員に対しては海外業務トレーニー制度や語学力の強化などを支援しています。

海外における従業員ネットワーク

SMBCグループの海外拠点では、多数の従業員ネットワークが活動しています。ジェンダーをテーマとした「Women’s Inclusion Network」や「Balance」、LGBTの啓蒙を手掛ける「NIJI Pride」「NIJI EMEA」、また障がい者への支援を行う「UNIQUE」など、グループ各社の従業員が一体となって、ダイバーシティ&インクルージョンの推進に取り組んでいます。

BTPNとの交流

2019年にSMBCグループの連結子会社となったインドネシアBTPNとの間では、カルチャーの融合や相互理解の促進を図る為、幹部従業員向け研修「Future Leaders Program」をはじめ、様々な取組を進めています。

インタビュー

従業員の想いを交え、グループの活動をご紹介します。

SMBCグループ 従業員インタビュー 多様性は競争力の源泉 従業員の想いとグループの取組をご紹介 SMBCグループ 従業員インタビュー 多様性は競争力の源泉 従業員の想いとグループの取組をご紹介

<三井住友フィナンシャルグループHPへ>

ダイバーシティ推進の取組


>