健康経営 「働きがい」を生む経営戦略の柱 健康経営 「働きがい」を生む経営戦略の柱

三井住友銀行では、お客さまにより一層価値あるサービスを提供し、お客さまと共に発展し続けるため、
その原動力となる従業員一人ひとりが、心身ともに健康で生き生きと働き続けることができるよう、
「健康経営」を推進しています。

健康経営を推進・
加速させる、主な取組

健全な労使関係の構築

三井住友銀行では、「三井住友銀行従業員組合」と労働協約を結んでいます。 労使間では、従業員の労働条件・人事制度のほか、長時間労働や健康面等も含めた労働安全衛生についての定期的な協議などにより、健全な労使関係を構築しています。

健康管理体制

従業員の健康管理を担う健康サポートセンターを、東京・大阪それぞれ1カ所ずつ、計2カ所に設置し、産業医・看護師・保健師等のスタッフが常駐しています。また、健康サポートセンター内には診療所を併設しているほか、健康サポートセンターを設置していない拠点を対象に、保健師・看護師が職場を巡回し、健康相談を行っています。

各種健康診断の実施

疾病の早期発見等の観点から、法定の定期健康診断となる一般定期健康診断に加え、年齢に応じ、健康保険組合と協働して、成人病健診・人間ドック等を実施しています。
また、生活習慣病の予防として、特定保健指導実施率の行内的な目標を定め、対象者及び被扶養者への受診の勧奨を行っています。

メンタルヘルスへの取組

個人の心の健康管理を目的として、全従業員を対象に年に1回ストレスチェックを実施し、産業医等の判断のもと、必要に応じて医師の面談指導を勧奨しています。管理職に対しては、メンタルヘルスケアの重要性・対応方法の理解促進を図る研修や自己学習プログラムを展開しているほか、特にストレス数値の高い拠点の拠点長に対しては、フォローアップ研修を実施しています。

また、メンタルヘルスのセルフケアやラインケア、復職を支援するため、外部専門カウンセラーによる相談窓口を設置しているほか、スムーズに就業できるよう、テスト出社制度を設けています。

禁煙への取組

健保組合と連携し、オンライン禁煙プログラムの費用補助を通じた禁煙サポートを行っています。また、毎月一定日を「SMBC禁煙デー」とするほか、非喫煙者・卒煙者には月に1度、定時1時間前の退行を可能とする「リフレッシュデー」を設定。これらの禁煙に向けた取り組みを通じ、がん対策推進基本法の基準に合わせた目標を行内で定め、喫煙率の削減を目指しています。

健康増進プログラムの推進

健康増進を目的としたポイントプログラムの導入や、セミナーイベントを開催しています。三井住友銀行健康保険組合では、Qupio(クピオ)を導入し、健康づくりの取組によりポイントを貯め、商品と交換できるサービスを展開しています。また、オフィスの会議室を活用し、従業員の日頃の運動不足解消やポジティブマインドの形成を図ることを目的とした「オフィスでSPORTS DAYS」では、ヨガやプロのアスリートを招いたキックエクササイズなどを実施しました。

外部評価・受賞歴

「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」 認定(SMFG)

※健康経営優良法人認定とは
地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度で、平成28年度より開始されました。

2020年3月、三井住友フィナンシャルグループは、経済産業省が主催する「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」に4年連続で認定。

ダイバーシティ推進の取組