ダイバーシティ推進のアウトライン 従業員ひとりひとりがモチベーション高く成長しつづけられる職場に ダイバーシティ推進のアウトライン 従業員ひとりひとりがモチベーション高く成長しつづけられる職場に

三井住友銀行のダイバーシティ&インクルージョンのポリシーや推進体制をご紹介します。

ダイバーシティ&
インクルージョン
ステートメント

三井住友銀行は、SMBCグループが掲げるダイバーシティ&インクルージョンステートメントに基づき、取組を進めています。

SMBCグループにとって最大の経営資源は「人材」であり、経営理念において、「勤勉で意欲的な社員が、思う存分にその能力を発揮できる職場を作る」と謳っています。

人種、国籍、年齢、性別、性的指向・性自認、宗教、信条、文化、障がい、キャリア、ライフスタイル、などに拘らず、多様なバックグラウンドを持つ社員が互いに尊重し合い、能力や個性を発揮し、働くことを通じてやりがいや成長を感じられる組織であることこそが、SMBCグループの「競争力の源泉」です。

価値観や属性の似通った人材で構成される組織よりも、多様な人材がそれぞれのバックグラウンドを活かして生き生きと活躍できる組織の方が、活力や革新性があります。

SMBCグループは、お客さまにより一層価値ある新たなサービスを提供し、あらゆるステークホルダーと共に持続的に成長するため、ダイバーシティ&インクルージョンをSMBCグループの「成長戦略そのもの」と位置づけ、グループ全体で推進していきます。

ロードマップ

ダイバーシティ推進体制

三井住友銀行では、経営目標を実現するための重要な「経営インフラ」として、ダイバーシティ推進を掲げています。2020年度から始まる新中期経営計画では、グループ各社や事業部門を超えた適材適所の推進のため、真のダイバーシティ&インクルージョンを実現していきます。
頭取を委員長、各事業部門の統括部・経営企画部・人事部のトップを内部委員とし、銀行外からも3名の有識者を外部委員として招聘した「ダイバーシティ推進委員会」を設置しています。頭取による強いコミットメントのもと、委員会を節目とするPDCAサイクルを回し、各部門においてダイバーシティ推進担当者を設置すると共に、銀行全体でダイバーシティ推進を加速させています。
また、取締役会のダイバーシティ経営への監督を目的として、ダイバーシティ推進委員会の内容や各種施策の進捗状況を取締役会に報告し、議論・意見交換を行っています。

ダイバーシティ推進体制(経営陣の取組)

ダイバーシティへの取組

多様なバックグランドをもつ人材の活躍や成長のための施策を進めるとともに、従業員ひとりひとりが働きやすく、働きがいを感じられる職場環境づくりを推進しています。

SMBCグループのダイバーシティへの取組

外部評価・受賞歴

「ダイバーシティ経営企業100選」受賞

2015年3月、経済産業省がダイバーシティ経営によって企業価値向上を果たした企業を表彰する「ダイバーシティ経営企業100選」を受賞。